山本”KID”徳郁さんの本名が岡本になっているのは何故?

山本”KID”徳郁さんの苗字は岡部です。

戸籍の名も岡部になってるそうです。

ウィキペディアで調べてみると、山本は旧姓のようですね

どうやら山本KIDさんの母親が一人娘だったので、母親の旧姓の岡部姓を継いだようです。

山本KIDさんは、山本”KID”徳郁としてデビューしたので公では改名していないようです。

母親の旧姓が岡部であり、一人娘であったため、岡部姓を残したかったようです。

父親の事もあるので、公では山本姓を名乗っていたのでしょう。

タトゥー(入れ墨)の入れ過ぎでがんになったの?

山本KIDさんはタトゥー入れ過ぎでガンになったという噂がありますが、果たして本当なのでしょうか。

また、タトゥーを入れ過ぎたため、C型肝炎になって、そこから悪化し、肝硬変から肝臓ガンになったという噂は本当なのでしょうか。

C型肝炎から肝臓癌になるのは事実ですが、タトゥーを入れるとC型肝炎になるという訳ではないようです。

C型肝炎ウイルスに感染するとがんになるようで、衛生管理がきちんとされていない環境でタトゥーを入れると、感染するリスクがあるそうです。

感染者の血液が付着した針などを使ってしまうと、感染する可能性があるそうです。

このことから刺青で感染症のリスクが高まるということは事実のようです。

そのため刺青をして間もない時期は、海水欲などは危険なので、入ってはいけないと言われていますね。

やはり免疫が弱くなったり、感染症のリスクが高まるそうです。

とはいえ、現在ではタトゥーを入れる店もウイルス感染の対策をしている所がほとんどなので、タトゥーでがんになったという可能性は低いようです。

また、山本KIDさんはヘルニアも患っていました。

このヘルニアも、がんと関連性があるそうです。

福島県立医科大学教授の紺野愼一氏によると、精神的ストレスや、仕事の成果に満足していないとヘルニアの原因になるそうです。

これらの精神的ストレスや、怪我、不調が重なって、ヘルニアになり、がんになった可能性も考えられます。

つまり、タトゥーだけではなく、上記のような様々な要因が重なっている可能性があるようです。

これだけ複雑な要因が重なっていると、精神医学の分野にまで及ぶため、医療の専門家であっても明確に説明することはできません。

そのため、医者であっても、これだけ複雑になると、根本的な原因を明らかにすることは、ほぼ不可能です。

山本KIDさんは全身の刺青のため、日本国内の病院が治療や入院を拒否したという報道があり、治療できていれば回復していた可能性はありますね。