日本の3大花火大会の1つで、 80年上の歴史がある花火大会です。

競技は、スターマイン・10号玉・創造花火の3部門で構成されており、それぞれの部門で花火師たちが技を競い合います。

大会の名物花火「土浦花火づくし」など、注目の演目が盛りだくさんです。

土浦全国花火競技大会2018年の日程・時間・データ

2018年の日程・時間

2018年10月6日(土) 18時00分~20時30分(予定)

荒天の場合、10月7日(日)、8日(月・祝)、13日(土)、14日(日)のいずれかに延期

主催・お問合せ

土浦全国花火競技大会実行委員会

📞 029-826-1111(内線2705)

場所

桜川畔(学園大橋付近)

所在地:茨城県土浦市

アクセス

JR常磐線土浦駅から徒歩約30分、またはシャトルバスで約10分

常磐道土浦北インターチェンジ・桜土浦インターチェンジから約5 km

駐車場

あり(約5,000台、無料、1部有料)

打ち上げ数

約2万発

最大玉号数

10号玉

過去の観衆

約75万人

トイレ

約600基の仮設トイレを設置

露店

約1,000店

会場へのアクセスの注意ポイント

行き

土浦全国花火競技大会の会場になっている桜川畔は、JR常磐線土浦駅から徒歩30分ですが、花火大会が開始されるときには混雑するので、早めに出かけたほうがよさそうです。

バスを利用する場合は、 14:30~19:00まで利用できます。

帰り

花火が終了すると、駅へ向かう道はすぐに混雑します。

長い行列に巻き込まれないようにするには、会場で少し待ってから動くのも手です。

あるいは、しばらく混雑が続くので、徒歩でつくば駅を目指すか、JR常磐線土浦駅行きのバスを利用するという方法もあります。

ただし、花火大会会場からつくば駅までは約7kmあり、徒歩で約1時間40分かかります。

また、帰りのバスは大混雑するので、乗車するまでに30分以上かかる場合もあります。

バスは19:00~21:45ですが、混雑の状況次第では、最終時間が延長になる場合があります。

大会プログラム(過去の例)

18:00

花火の打ち上げが始まります。

19:00

迫力満点のワイドスターマイン「土浦花火づくし」が打ち上がり、会場の雰囲気を盛り上げます。

20:25

エンディング花火として、7号玉が86発打ち上がります。

土浦全国花火競技大会の桟敷席(有料観覧席)

土浦全国花火競技大会では、毎年桜川河川敷に桟敷席が設けられています。

桟敷席の種類や料金は、全マス(約1.7m×約1.7m、6人まで入場可能)が2万2,000円、半マス(約1.7m×約0.85m、3人まで入場可能)が1万1,000円となっています。

例年7月下旬から申し込み期間が設けられるので、公式サイトをこまめにチェックしましょう。

公式サイト:http://www.tsutiura-hanabi.jp/

土浦全国花火競技大会の穴場スポット

穴場スポット1:亀城公園

公園内で木々が邪魔にならないところを見つけられれば、花火を観賞できます。

所在地:城県土浦市中央1丁目13-48

穴場スポット2:歴上高津貝塚ふるさと史の広場

広大で、視界をさえぎるような高い建物がないので、はっきりと花火を見ることができます。

打ち上げ場所からも近いので、花火の迫力を堪能できます。

花火大会の当日は、臨時駐車場になっているので、車で行く場合は、お昼頃までに到着しておけば、確実に駐車できます。

所在地:茨城県土浦市上高津 1843

穴場スポット3:霞ケ浦総合公園

花火大会の当日は、ここを駐車場として利用する人もいますが、打ち上げ場所から少し離れているので、ここで花火を鑑賞する人は少なめです。

そのため、ゆっくりと座って花火を観賞することができます。

所在地:茨城県土浦市大岩田1051

穴場スポット4:国民宿舎水郷の周辺

ここは地元の人が多く集まる穴場スポットです。

会場からは少し離れていますが、花火はよく見えます。

車を利用している人は、渋滞を避けることができます。

所在地:茨城県土浦市大岩田255

穴場スポット5:イオン近くの国道6号の高架下

国道の東側は通行止めになっていますが、西側は通行止めになっていないので、あまり知られていない穴場スポットになっています。

ただし、駐車禁止区域になっているので、車を利用している場合は駐車場に止めてから花火を観賞するようにしましょう。

所在地:茨城県土浦市上高津367

土浦全国花火競技大会の動画

動画:113icecream Japanese Fireworks