彼岸花は曼珠沙華という名でも親しまれ、墓地や寺社仏閣などでよく見かけます。

お彼岸の時期に咲く彼岸花は、土手や田んぼのあぜ道にも植えられています。

彼岸花の根の中にある毒でネズミなどの害獣を寄せ付けないようにするためだそうです。

ここではそんな彼岸花が見られる東京の名所をいくつかご紹介します。

葛西臨海公園

9月上旬から下旬にかけて園内の様々な場所で彼岸花を楽しむことができます。

鳥類園や磯の小路、サービスセンター前の傾斜地にはたくさんの彼岸花が咲いています。

東京湾に面した広大な敷地の葛西臨海公園には、森や水族館などで様々な野生動物が見られるだけでなく、子供たちに人気のあるアトラクション「ダイヤと花の大観覧車」では、公園内を一望できるので、ここだけの楽しみ方ができるでしょう。

旧芝離宮恩賜庭園

旧芝離宮恩賜庭園は現存する江戸時代にできた大庭園の1つです。

庭園は池を中心に配置され、いろいろなところに彼岸花が植えられています。

小石川後楽園

小石川後楽園は、東京都文京区にある都立庭園です。

初秋には庭園内の多くの場所で彼岸花を見ることができます。

特に円月橋と菖蒲田の周辺にたくさん咲いています。

小石川後楽園の彼岸花は、例年9月中旬頃が見頃です。

浜離宮恩賜庭園

浜離宮恩賜庭園は9月中旬になると、彼岸花、山茶花、金木犀などが咲く都内の大名庭園です。
浜離宮恩賜庭園はとても広いですが、彼岸花が咲いているのは延遼館跡周辺です。

庭園内の御門橋入り口から入ってすぐ左の小道を歩いてすぐのところに咲いています。

彼岸入りの時期には、彼岸花とコスモスが旬で、同時に楽しむこともできます。

彼岸花は、園内一面に咲いているわけではありませんが、ツツジなどに混り、彼岸花の小さな群落がポツポツと見られます。

シルバーウィークにはそんな癒しの空間を求めて多くの人が訪れます。