手賀沼花火大会は、柏市と我孫子市の境にある手賀沼の水質浄化の願いを込めて、柏市と我孫子市が合同で開催している花火大会です。

手賀沼周辺には、3つの会場が設けられ、我孫子市側には手賀沼公園、柏市側には手賀沼自然ふれあい緑地などの2か所が会場となっています。

我孫子市会場や柏第2会場の水中花火もあり、特定の会場でしか見られない花火もあります。

3つの会場全てで迫力満点のスターマインが打ち上がり、湖面を明るく照らし出します。

手賀沼花火大会2018年の開催日時・データ

開催日時 2018年8月4日 19時から20時30分(打ち上げ開始は19時10分頃)

荒天時は翌日に順延

打ち上げ場所 千葉県手賀沼

花火の打ち上げ数 1万3,500発

観衆 約41万人

出店数 我孫子市側約30店、柏市側なし

主催 手賀沼花火大会実行委員会(柏商工会議所内)

会場へのアクセスの注意ポイント

行きは、手賀沼自然ふれあい緑道の柏第1会場(北千葉導水ビジターセンター寄り)が北柏駅から徒歩約25分、我孫子会場が徒歩約45分です。

手賀沼自然ふれあい緑道の柏第2会場(道の駅しょうなん寄り)は、柏駅東口、東武バス1番乗場の沼南方面からバスに乗り、大井停留所で下車し、徒歩20分です。

帰りは、上記の駅の中では、我孫子駅が最も混雑します。

混雑に巻き込まれたくなければ、北柏駅まで歩きましょう。

手賀沼花火大会の有料観覧席のあるスポット

下記のスポットには有料席もあります。

柏第1会場(手賀沼自然ふれあい緑道・北千葉導水ビジターセンター寄り)

当日に場所取りできます。

有料観覧席は、全席イス席の桟敷席で、価格は、1席3000円、ペア席5500円、4名席10000円です。

チケットは、セブンチケット(セブンイレブン)とローチケ(ローソンまたはミニストップ)で7月1日12:00から一般販売されます。

我孫子会場(手賀沼公園・手賀沼ふれあいライン)

出店が並び、お祭りの雰囲気が楽しめます。

大会前日の17時から場所取りができます。

最寄り駅は我孫子駅で、徒歩10分です。

有料観覧席は、4名席12000円、5名席15000円です。

チケットの販売は、上記の柏第1会場と同じです。

次に、ゆっくり花火を観賞したい方のために、お勧めの穴場スポットを紹介します。

手賀沼花火大会の穴場スポット

柏第2会場(手賀沼自然ふれあい緑道・道の駅しょうなん寄り)

柏第1会場、柏第2会場でもある手賀沼自然ふれあい緑道ですが、特に第2会場の方が駅から最も遠いので、比較的混雑が少ないです。

会場の端にあたる手賀大橋寄りであれば、場所も確保しやすいです。

ふれあい緑道は手賀沼に沿って東西にのびていて、遮るものはほとんどありません。

また、各所に手賀沼を見渡せる見晴らしデッキや休憩所が置かれています。

柏ふるさと公園

北柏駅から比較的近いので、混雑しやすいですが、柏第1会場の花火を間近で観賞できます。

ミニアスレチックや芝生公園もあるので、家族連れにもお勧めです。

手賀大橋横の土手

ここはほとんどが地元の人で、ゆったり見れる穴場スポットです。

手賀沼大橋の土手は、会場から少し離れてはいますが、広いのでゆったりと観賞できます。

最寄り駅は我孫子駅で、徒歩約25分です。

イオン柏店の屋上

イオンには、花火大会があるときなどに、屋上を開放してくれる店舗がいくつかあります。

ここは当日開放してくれるので、買い物できたり、トイレもあるので、安心して楽しめます。

ただし、打ち上げ場所からは少し離れているので、あまり迫力は感じられないかもしれません。

最寄り駅は柏駅で、徒歩約25分です。

徒歩でもいいのですが、柏駅から柏イオンモールまでの無料送迎バスも出ています。

 

動画:minorumini