七夕の意味と由来

7月7日に行われる七夕(七夕祭り)は、日本に昔から伝わる棚織津女(たなばたつめ)の話と、中国に伝わる織女(しょくじょ)と牽牛(けんぎゅう)の話に基づいています。

日本の棚織津女の物語は、村の災厄を除いてもらうために、棚織津女が機屋(はたや)にこもって、棚(横板)付きの機織機で機を織りながら、天から降りてくる神の一夜限りの妻になるという話です。

一方、中国の物語は織女と牽牛の恋物語です。

この物語は、日本では織女を織姫、牽牛を彦星と呼ぶことが一般的になっています。

織姫と彦星の伝説

天の川の西岸に織姫という美しい姫が住んでいました。

その名の通り見事な布を織る技術を持っていました。

織姫は毎日、布を織り続け、若いのに外見に気を遣うこともしませんでした。

これを気の毒に思った天帝は、織り姫の結婚相手を探すことにしました。

それで見つけたのが天の川の東岸に住んでいる勤勉な牛使いの青年、彦星でした。

2人は結婚しましたが、違いに夢中になってしまったために、仕事をしなくなってしまいました。

天帝の忠告を無視して、恋に溺れてしまったのです。

夫婦であった織姫と彦星は天帝を怒らせてしまい、天の川を挟んで引き離されてしまいました。

しかし、もとのようにしっかり働くという条件で、 1年に1度だけ、7月7日の夜に天の川にかかっている橋で、牽牛星と織女星となって、会うことを許されました。

引き離された恋人同士が1年に1度だけ会うことを許されたというロマンチックな語られ方をされがちですが、実際は恋愛にのめめり込んで周囲が見えなくなり、社会性を失った男女が引き離されてしまったという自業自得の物語だったのです。

この中国の伝説は、奈良時代に日本に伝わり、日本に昔から伝わる棚織津女の物語と合わさって、七夕(七夕祭り)が生まれたとされています。

七夕と書いて「たなばた」と読むのは、そこから由来しています。

願い事を短冊に書いて飾る理由は?

現在では七夕が近くなると、願い事を短冊に書いて笹竹に結びつけ、七夕飾りをしますが、室町時代には、七夕の夜に女性が裁縫が上達するように祈ると願いが叶うという信仰があったため、梶(かじ)の木に和歌を結んで上達を祈願する風習が生まれました。

これは古くから梶の木に願い事や和歌を書いていたためです。

この頃に、織物が上手な織姫にあやかって七夕の夜に裁縫や習字などが上達するように願う行事である「乞巧奠(きこうでん )」が生まれたとされています。

乞巧奠の乞は乞い願う、巧は巧みさ、奠は祭事という意味です。

平安・鎌倉時代の歌人である藤原俊成、藤原定家を祖先にもつ京都の冷泉家では、現在でも七夕に乞巧奠を行っています。

琵琶や琴などの楽器、秋の七草、糸や布、野菜や果物などをお供えして雅楽の演奏を楽しんでから、天の川に見立てた白い布を挟んで、雅(みやび)な装飾をまとった人々が座って和歌を読み交換します。

こうして800年以上も前の行事を受け継いでいます。

江戸時代になって、梶の木が笹竹に変わり、そこに手習い(習字)が上達するようにとの願いから、寺子屋などで盛んに色紙や短冊を下げるようになり、現在の七夕飾りになったとされています。

その後、学校などでも学問や技芸を上達させるための行事として広まっていきました。

七夕の翌日には、祭りに使った飾りや笹竹などを川や海に流して穢れを払う七夕流し、または七夕送りという行事を行ったり、流し雛という行事を行う地域もあります。

この物語は、日本や中国だけでなく、ベトナム、韓国、東アジアなどで知られています。

というのも、これらの地域では七夕の時期に天の川を挟んで、織女星(織姫・ベガ)と牽牛星(彦星・アルタイル )が最もよく見えるからです。

ちなみにこの2つの星はどちらも恒星なので、互いに接近することはありません。

笹に飾る五色の短冊の五色の由来

笹飾りは江戸時代から始まった日本だけの風習です。

「たなばたさま」の歌にも5色の短冊がでてきますが、この5色にも意味があります。

鯉のぼりにも当てはまりますが、この五色は中国の陰陽五行説に由来しています。

現在の笹飾りは、短冊の他にも千羽鶴、吹き流し、折り紙で作った衣、提灯、星、投網など、地方によっていろいろな飾りがあります。

昔は笹飾りが終わったら、海や川に流していましたが、今では流す場所に困ってしまい、流さなくなることもあるようです。