七夕が7月7日になった由来

笹竹に願い事を書いた短冊や吹き流しなどを語って祝う七夕祭りは、日本の初夏の風物詩の1つです。

農村では、七夕だけを立てて野菜や果物を備える風習があるところもあります。

その由来となっているのは中国の織女(織姫・こと座のベガ)と牽牛(彦星・わし座のアルタイル)の伝説です。

天帝の娘である織女は、とても手先が器用でいつも機を織っていました。

牽牛は牛使いの青年でしたが、天帝は外見に気を使わない織女を不憫に思って牽牛に嫁がせました。

しかし、若い2人は互いに相手に夢中になって恋に溺れてしまいます。

牽牛は牛使いを止めてしまい、織姫も機を織るのをやめてしまいました。

天帝はこれに怒って2人を引き離し、 1年に1度、7月7日の夜にだけ2人が合うのを許すことにしました。

この伝説に由来して乞巧奠(きこうでん)という行事が生まれました。

織姫が機を織るのが上手だったことにちなんで、7月7日の夜に裁縫や機織りが上達することを祈り、その夜に着飾った女性たちが、庭に用意した台に酒肴と一緒に自分たちが縫った織ったりしたものを供えて、香を焚き、天に祈りを捧げました。

平安時代には、貴族の間で乞巧奠の行事が盛んに行われるようになりました。

奈良時代に七夕の歌を多く読んだ家人が山上憶良です。

大宝2年(702)に遣隋使として隋に渡った山上憶良は、中国の七夕伝説を日本に伝えたうちの1人と想像できます。

というのも、万葉集に山上憶良の七夕の歌がたくさんあるからです。

織女と牽牛の伝説と、乞巧奠の意思が結びついて七夕祭りになったのが日本に古くからあった棚織津女の信仰です。

棚織津女は水辺の小屋で神の衣を織る巫女で、機織りながら神を迎えて、神を見送るときには、人々の汚れを一緒に持ち去ってもらう役割を担っていました。

七夕にそうめんを食べる風習ができた由来

七夕の食べ物としてはそうめんがあります。

「師光年中行事」(890)という書物の中に、「正月十五日、 七種粥。三月三日、桃花餅。五月五日、五色粽(ちまき)。七月七日、索麺。十月初、亥餅等。俗間に行い来る。持って歳時となす」という記述があります。

索餅(さくべい)は奈良時代に伝わった唐菓子の1種で、小麦粉や米粉に塩を混ぜて練り、縄のように捻り上げたもので、「むぎなわ」とも呼ばれていました。

この索餅がそうめんの原型とも言われています。

室町時代に一条兼良が作ったとされる「尺素往来」には、七夕には葉の上に乗った「索餅」が供されたと記述されています。

また、索餅を7月7日に食べるようになったことに関しては、「十節記」の古代中国の高辛氏(こうしんし)の伝説の中に記述されています。

中国古代の王として君臨していた高辛氏の子が7月7日に亡くなって、鬼神となった霊が、人々の間に病を蔓延させました。

そこでその病を防ぐために、高辛氏の子が生前に好んで食べていた索餅を作って供えたというのがその由来です。

この索餅が索麺であり、それ以来7月7日には索麺(そうめん)を食べるようになったと「日本歳時記」は伝えています。

しかし、「和漢三才図解」等には、索餅がそうめんと同じものだとする説があるものの、「類聚名物考」等には別物とする説もあるので、結論は出ていないようです。

江戸時代の文化年間(1804~1818 )に実施された各藩へのアンケートに「諸国風俗問状」があります。

そこには七夕についての問もありましたが、そうめんを供えたり食べたりしたことは書かれていませんでした。

実際にそうめんを供えると回答したのは、淡路国だけでした。

そこには、団子や瓜、茄子、梨子を備えるものの、食べることはなく、祭りの後に川に流すと書かれているので、祓いの儀式としていたことがわかります。

そのため、七夕祭りの素麺は供物というよりも、その日を祝って食べるものとして存在していたと考えられます。

天保9年(1838)の「東都歳時記」には、「貴賤の別なく二星に供物し、家では冷素麺を食べた」と記述されています。

明治5年(1872)に西洋暦が採用され、12月2日の翌日を翌年の1月1日にしたことにより、季節感がずれ、現在に至っています。

そして、古代の宮中行事の名残であった七夕も、明治6年(1873)には七夕祭りが公式行事からなくなりました。

こうして月の満ち欠けが日取りと合わなくなってしまいましたが、たまには旧暦の日取りに合わせて星々を眺め、織姫と彦星の再会を想像してみるのも良いのではないでしょうか。