伊能すみ子さんはエスニック料理が大好きで、毎日エスニック料理を食べているそうです。

仕事を辞めて、毎日エスニックにハマっていたようですね。

伊能さんの職業、年齢、結婚などが気になりますね。

面白そうなので、過去の経歴も調べてみました。

伊能すみ子プロフィール

本名:伊能すみ子(いのうすみこ)

生年月日:不明

年齢:不明

出身:東京都

最終学歴:服部栄養専門学校

資格:1級フードアナリスト

職業:フードアナリスト

舞台制作や、民放の気象番組のディレクターをされていて、そこから服部調理師専門学校で調理と食文化を学び初め、現在では食の専門家である一級のフードアナリストとして活動されているようです。

メディアを中心に飲食情報の提供や、アジア各国のエスニック料理に関するライターとしても活躍しています。

具体的には、年に数回アジア諸国を巡り、屋台料理や最新のトレンド情報まで、現地で体験したことを専門のホームページなどで発信しているようです。

伊能すみ子の職業・フードアナリストとは?

フードアナリストとは、食について解説する専門家のことをいいます。

栄養学・調理学・食文化、フードコーディネートやホスピタリティなど、食に関する知識をあらゆる角度から習得できる資格です。

フードアナリストはハイレベルなテイスティング能力を持っており、幅広い知識と高度なスキルを身につけているので、食や食の空間を総合的に評価して解説できる能力を持っています。

食に興味のある満18歳以上の方であれば、国籍・学歴・性別を問わず、フードアナリストを目指すことができます。

ちなみに、フードアナリストとして活躍するためには「日本フードアナリスト協会」に登録する必要があるそうです。

アジアのエスニック料理がブームになっている背景とは

アジアのエスニック料理には様々な種類がありますが、最近ではスーパーで家庭用のアジア・エスニック系の調味料や食材が売られていたり、カップ麺などのインスタント食品も出回っています。

アジアのエスニック料理がブームになっている背景には、下記のような理由があります。

アジアのエスニック料理は、人気が出始めているものの、まだまだ見たことや食べたことがないような料理もたくさんありますね。

話題性もあり、ちょっとした非日常的な料理を味わいたいという人の心理を刺激することができるジャンルといえそうです。

毎日通いはしないけど、珍しいから一度行ってみようかなということで、それがきっかけとなり、エスニック料理にハマる人もたくさんいます。

また、「アジアのエスニック料理は、なんとなく健康に良さそう」というイメージを抱く人も少なくありません。

アジアのエスニック料理には、ココナッツミルクやスパイスなどがたくさん使われています。

例えば、タイ料理は野菜をたくさん使う料理も多く、独特の風味があるハーブやスパイスは新陳代謝を高め、ダイエットの効果が期待できるなど、女性に嬉しい要素がたくさんあるといわれています。

伊能すみ子さんがエスニック料理にハマったきっかけ

伊能さんは、もともと旅が好きで、食べる事が大好きでした。

1999年にシンガポールへ旅行に行ったときに、東南アジアの食にハマったそうです。

それから東南アジアの食の魅力を多くの人に知ってもらうために、食の専門家になったそうです。

現在では、フードディレクターとしての活動や、講演、講師、ライター、レシピの制作などをされているようです。

伊能すみ子さんは結婚してる?

伊能さんは結婚されているのでしょうか。

調べてみましたが、全く情報がありませんでした。

Instagram、ブログ、Twitterは、全てエスニック料理に関することだけでした。

子供がいそうな感じもありませんし、ご主人の情報も全く出ていません。

ただ、指輪はされていないようなので、結婚していないのかもしれませんね。

おわりに

アジアンフードディレクター、フードアナリストとして活躍されている伊能さん。

最近では、エスニック料理がブームになっていて、お店も増えてきましたね。

今後の伊能さんの活躍を楽しみにしています。