学生の春休みはいつからいつまで?

春になると学生は終業式の後に春休みに入ります。

春休みは学生にとっては楽しみではありますが、学生の子供を持つ親御さんにとっては、食事の用意をしたり、帰省したり、旅行に行ったり、いろんな予定が増える時期でもありますね。

そのため、学生の春休みの期間が気になる方も多いのではないでしょうか。

そこで、ここでは学生の春休みの期間がいつからいつまでかをご紹介します。

幼稚園の春休みはいつからいつまで?

幼稚園の春休みの期間は、地域や公立、私立などの違いによって多少違いがあります。

春休みは3月20日から4月7日前後の2週間くらいになるケースが多いようです。

また、土日、祝日などが重なったり、幼稚園の卒園式や入園式などが重なると春休みの日程が調整されるため、毎年同じになるとは限りません。

また、卒園する場合は早めに春休みに入るので、公立の小学校なら入学式が4月10日頃になるため、春休みが約1カ月間あるケースもあります。

小学校、中学校、高校の春休みはいつからいつまで?

動画:北海道ニュースUHB

 

小学校、中学校、高校の春休みの期間は1、2年生の場合、地域や公立、私立の違いによって多少の違いはあるものの、一般的には3月24日~25日です。

24日、25日が土日になっている場合は、修了式が23日か26日に行われて、春休みに入るケースが多いです。

また、始業式については、4月の7日前後が多いです。

4月8日が日曜の場合は、8日まで休みがあるケースもあります。

とは言え、学校によって晴れ休みの期間には若干の違いがあるので、お子さんから担任の先生に直接聞いてもらうか、学校から案内が届いていないか確認するのが無難です。

また、最近では、学校のホームページに日程が掲載されているケースもあるので、調べてみるのもいいでしょう。

卒業式や春休みの準備が必要な場合は、早めに日程を確認しておきましょう。

大学の春休みはいつからいつまで?

大学の春休みの期間は、小学校、中学校、高校の春休みの期間よりもかなり長いです。

大学によって若干の違いはありますが、大半の大学では年明けの1月中旬から2月上旬の間に後期試験があり、試験が終了すれば春休みに入ります。

そのため、2か月くらい春休みがあることになるわけです。

この長い春休みの間に大学生はアルバイトをしたり、自動車免許を取ったり、海外旅行に行ったり、部活動をしたりと様々な過ごし方をしています。

大学生の春休みが長いのは大学入試があるからです。

大学入試の期間中は多くの学生が受験するため、それだけ準備に時間がかかるからです。

このように大学生は春休みの期間が長く、この間の経験が就職活動の結果に影響するケースもあるため、積極的に様々な経験を積んでおきたいところですね。