2018年(平成30年)のお彼岸の期間は、彼岸の入り3月18日(日)中日3月21日(水)彼岸明け3月24日(土)となっています。

春のお彼岸はいつからいつまで?

春のお彼岸の日数は7日間と決まっています。

その期間は春分の日と前後3日間を合わせた7日間です。

春分の日を「中日(ちゅうにち)」といいます。

お彼岸の初日を「入り・お彼岸の入り」といいます。

お彼岸の最後の日を「彼岸明け」といいます。

また、春のお彼岸を「彼岸」「春彼岸」といいます。

ちなみに、お彼岸の期間には念仏供養が行われますが、この期間に行う仏事を彼岸会(ひがんえ)といいます。

春のお彼岸の期間はいつ決まるの?

彼岸の中日にあたる春分の日は国民の祝日です。

祝日法によると、春分の日は「自然をたたえ、生物をいつくしむ日」とされています。

そして、春分の日は毎年2月に閣議によって翌年の日程が決定します。

そのため、春分の日は毎年変わるので、それに応じてお彼岸の期間も変わります。