七五三はいつ?

男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳の11月15日に氏神様にお参りします。

昔は数え年でしたが、現在では実年齢で祝うことが多くなっています。

旧暦の11月15日は、祝い事に最もよい日とされた鬼宿日(きしゅくにち)と呼ばれる鬼が自宅にいる日でした。

その日は、収穫祭を行う霜月十五夜にもあたるため、収穫の感謝を兼ねて、子供の成長を報告し、加護を祈るために氏神様に参詣しました。

現在ではその前後の都合のよい日に行うのが一般的になっています。

七五三の3歳、5歳、7歳の着物

平安時代は、男女ともに3歳から髪を伸ばし始め、そのときに髪置の儀(かみおきのぎ)という儀式を行いました。

そこからさらに成長すると、初めて袴を着ける儀式を行いました。

その年齢は時代によって違いますが、江戸時代には、男の子は5歳で袴着の儀(はかまぎのぎ)を行い、女の子は7歳で帯解の儀(おびときのぎ)という帯の使い始めの儀を行うようになり、それらが明治時代になって、七五三として定着しました。

本来、七五三を祝うには服装が重要ですが、現在では特に決まった服装はありません。

着物であれば、3歳の女の子は身幅の4倍の布地で身頃を裁った子供用の四ツ身裁ち(よつみだち)、5歳の男の子は五つ紋付きの羽二重に羽織袴、7歳の女の子は長袖の着物に七五三用の帯というのが一般的です。

洋装でも、成長の節目として、晴れやかな服がよいでしょう。

父親はスーツ、母親は留袖や訪問着、またはフォーマルな洋装が一般的です。

祖父母もこれに準じます。

七五三の歴史

陰陽道では、奇数は縁起のいい数とされています。

七五三の年齢でお参りをするのはそのためで、節供が奇数の重なる日であるのも同様です。

現在よりも乳幼児の生存率が低かった昔は、3歳まで生きるだけでも大変なことでした。

5歳、7歳まで生きるとなるとなおさら大変でした。

それで神様に無事に成長したことを報告するという七五三の儀式が生まれました。

そして、昔は7歳になると氏神様から氏子札(うじこふだ)を授かって、地域社会の仲間入りをしていました。

七五三は、ひ弱な存在であった子供が無事に成長し、身体面でも世の中に出る準備が整ったことを、段階的に確認する儀式でもあります。

現在では、家庭内のお祝いとして定着していますが、昔はお参りの後に、親戚や近所に挨拶回りをするのが習わしでした。

七五三のお祝いの食事

千歳飴(ちとせあめ)は、ここまで無事に大きくなった子供が、文字通り千歳まで生きれるくらい健康でいてほしいという願いを込めた飴です。

千歳飴が長いのも長寿を願ってのことです。

お祝いの膳には、赤飯紅白の菓子などが最適です。

挨拶回りをするときには、千歳飴と赤飯、紅白の菓子などを持参するとよいでしょう。