子供の成長をお祝いする代表的な行事として七五三がありますね。

子供の頃にいつ七五三をしたのかまったく覚えていません。

七五三は一体いつするのでしょうか?

とりあえず調べてみることにしました。

七五三はいつするの?

調べてみたら、一般的には11月15日が七五三となっています。

しかし、両親が平日に仕事などで休みが取れない場合や子供が幼稚園や保育所で休みが取れない場合があるので、最近では、 10月中旬から11月中旬の都合が良い日にお参りをするようですね。

七五三は大阪ではいつ、何歳でするの?

私は7歳のときに大阪に住んでいましたが、7歳では七五三はしませんでした。

3歳と5歳については分からなかったので調べてみましたが、同じ大阪でも3歳だけする方と3歳と5歳にする方がいらっしゃいました。

大阪に住んでいても、家庭の事情や地域のしきたりによって違いがあるようですね。

お祝いの仕方も地域によって違いがあるようで、大阪では神社でお参りした後に、千歳飴を買って七五三のお祝いを終わらせるところが多いそうです。

七五三の由来は?

七五三とは、 3歳、 5歳、 7歳の子供の成長を祝い、神に感謝する日本の年中行事です。

神社にお参りをする「七五三詣」を行います。

数え年の3歳

江戸時代には、3歳まで髪を剃る習慣があったので、それを終了する儀式として、髪置の義を男女ともに行っていました。

数え年の5歳

男の子が袴を着用し始める儀式として、袴着の儀が男の子に行われていました。

数え年の7歳

女の子は大人と同じ幅広い帯を結び始める儀式として、帯解きの儀が女の子に行われていました。

まとめ

調べてみた結果、大阪の男の子の七五三は、 3歳と5歳にするところと、 5歳だけするところに分かれるようですね。

家庭や地域によって七五三を祝う年齢に違いがあるのは興味深いですね。

お祝いをする年齢の数え方については、男女を問わず、地域によって数え年の場合と満年齢の場合があります。

しかし、最近では、夫婦共働きなど、家庭の事情が昔とは大きく違ってきています。

そのため、家庭によっては、兄、弟、姉、妹と同じ歳にするなど、いろいろなパターンがあるようなので、あまり形式ばらずに、子供の成長をお祝いしてあげれば良いのではないでしょうか。