女の子の七五三は、3歳と7歳、男の子の七五三は3歳と5歳にするものという考え方が一般的という印象がありますが、実際のところはどうなんでしょうか。

男の子は7歳でも七五三をするの?

ここではそんな疑問を抱いている方に、男の子が七五三を祝う年齢や時期についてご説明したいと思います。

男の子は七五三を祝う年齢は?

七五三は文字通り7歳、5歳、3歳で祝う行事というイメージがありますが、実際には、家庭や地域によって男女の年齢などに違いがあることがあります。

一説には、江戸幕府の3代将軍徳川家光が、病弱だった5代将軍綱吉が無事に成長することを祈って、袴着の儀式を行ったことから11月15日に歳祝いをするようになったといわれています。

現在では3歳、 5歳、 7歳の子供の成長を祝い、神に感謝し、今後の幸福と長寿を祈り、着物を着てお参りをするようになりました。

七五三は、昔は数え年で3歳の男の子と女の子、5歳の男の子、7歳の女の子が神社にお参りをしていました。

この行事はもともと武家や公家だけで行われていましたが、やがてそれが庶民にも広まり、 11月15日に七五三で子供の成長を祝う行事が定着したそうです。

ということは、もともと男の子は3歳と5歳で七五三のお祝いをしていたということですね。

ただ、地域によって違いがあり、もともと関東では男の子の七五三は5歳というのが一般的だったようです。

その他の地域によっては、 3回ともお祝いするところもあれば、1度だけお祝いをするところもあるそうです。

関東でも、最近では、3歳の男の子がお参りをする姿も見受けられるようになっていますね。

男の子の七五三は7歳でしてもいいの?

家庭や地域によって七五三をお祝いする年齢が違うということは、男の子でも7歳に七五三をお祝いしてもいいのでは?と思う方もいらっしゃるでしょう。

七五三は子供が無事に成長したことを感謝し、今後の幸福と長寿をお祈りする儀式なので、 7歳でしてはいけないということはありません。

3歳と5歳に弟さんや妹さんがいるのであれば、一緒にお参りしてお祝いするということもできますね。

家庭や地域によっても違うので、1度調べてみると良いでしょう。

お姑さんにも聞いてみて、特に決まり事がなければ、 男の子が7歳でお祝いしても問題ありません。

七五三で男の子をお祝いする時期はいつ?

七五三は準備に手間や時間がかかる大変な行事です。

ご家族の都合に合わせて日程を決めましょう。

11月15日にこだわる必要はありません。

現在では、 10月中旬から11月中旬ごろまでが一般的になっています。

混雑を避けるために11月15日以降にする方も増えています。

まとめ

ここまで七五三をお祝いする年齢や時期について見てきました。

七五三は子供の成長を祝う大切な行事ですが、意外とはっきりした決まりはありませんでしたね。

家庭のしきたりや地域の風習など、それぞれに特色があり、周囲の方にお話を伺ってみると、今まで知らなかったことを知る良いきっかけになるのではないでしょうか。

あなたが子供にとって、いちばん良いと思うやり方でお祝いしてあげてくださいね。