渋谷ハロウィンはいつから?

ハロウィンの時期になると、渋谷ではスクランブル交差点を中心に仮装した人たちが集まります。

渋谷ハロウィンは公式のイベントではないので、主催者は存在しません。

毎年ハロウィンの10月31日に仮装した人が渋谷に集まるため、そう呼ばれるようになりました。

毎年渋谷ハロウィンは10月31日の5日ほど前から楽しむことができます。

10月末頃になると、渋谷で仮装をしている若者が少しずつ増えてきます。

多くの人が全国から訪れるので、毎年渋谷ではハロウィンの後に大量のゴミが出ることが社会問題になっています。

渋谷ハロウィンの交通規制は?

10月末になると全国からハロウィンの仮装パーティーをするために渋谷に人が集まるため、交通規制がかかります。

渋谷ハロウィンでは、期間中の18時から22時は歩行者天国になるので、その間は通行止めになります。

渋谷スクランブル交差点から渋谷センター街のあたりには、DJポリスが出没するほど混雑します。

普段の渋谷のスクランブル交差点の利用者数は1日50万人ですが、ハロウィンの日には約2倍の100万人が訪れると言われています。

最も混雑する日は、やはりハロウィン当日の10月31日です。

渋谷駅では午後を過ぎたあたりから人が集まり始め、16時ごろでもかなり混雑しますが、ピークは20時から21時ごろです。

渋谷のハロウィンで最も混み合うのは駅前のスクランブル交差点辺りです。

渋谷駅の周辺では、この交差点あたりが1番広い場所なので、多くの人が集まります。

そのため、ここに人が集中しないように、ハロウィンの期間中には渋谷駅の周辺を歩行者に開放しています。

これが渋谷ハロウィンのホコ天となっています。

渋谷センター街やハチ公前、109の辺りもかなり混雑します。