秋の七草は誰が選定したという記録はありませんが、万葉集に載せられている山上憶良の7種の花の短歌で、この順番で詠まれているものを指すのが有力です。

秋の七草は「万葉集」巻八に収められている山上憶良の2首の短歌には、はっきりと秋の七草の名前が載せられています。

「秋の野に 咲きたる花を 指折り(およびをり) かき数ふれば 七種(ななくさ)の花」(万葉集 一五三七 巻八)

「萩の花 尾花(をばな)葛花(くずはな) なでしこが花 をみなへし また藤袴(ふぢはかま) 朝貌(あさがほ)が花」(万葉集 一五三七 巻八)

1つ目の歌を現代語訳すると「秋の野に咲いている草花を指折り数えると7種類ある」と述べられています。

2つ目の歌では「それは萩の花、尾花、葛の花、撫子の花、女郎花(おみなえし)、また藤袴(ふじばかま)、朝貌(あさがお)の花である」と述べられています。

2つ目の歌に出てくる尾花というのは、すすきの事です。

現代の朝顔は、古名では「牽牛子(けにごし)」といいますが、これは日本の植物ではなく熱帯アジア原産で、奈良時代には既に日本に移入され、広く栽培されていたらしいとする説があります。

しかし、一方では、中古(平安時代)に入って輸入されたもので上代(飛鳥時代~奈良時代)にはなかったとする説もあり、この朝貌が何であるかについては「朝顔」「木槿(ムクゲ)」「桔梗」「昼顔」など諸説がありますが、現在では桔梗(ききょう)とする説が有力です。

秋の七草は山上憶良の短歌から始まり、昔から日本人に親しまれたものが選ばれています。