埼玉県日高市の巾着田

全部で500万本の彼岸花が辺り一面を埋め尽くします。

9月の下旬から10月の中旬が見頃です。

彼岸花の時期になると日高市のホームページで開花状況がアップされるので、お出かけ前に確認できます。

ただし、ここで表示される「満開」では遅いと考えてください。

実際に見に行くと、既に枯れてしまった花が増えているので、写真を撮ると見栄えが良くありません。

例年5分〜7分咲き位の表示の時が1番いい時期です。

白い彼岸花は人気があり、多くのカメラマンが集まります。

観光客が多く、ほこりが巻き上がるので、遅い時間になるほど、また雨が降らないほど景色が白っぽくなります。

おにぎりを持ってピクニックをする方もたくさんいます。

曼珠沙華祭りでは、マジックショーやバンド演奏などが楽しめます。

電車で行く場合は、
西武池袋線高麗駅から徒歩15分
JR川越線八高線高麗川駅から徒歩約40分

バスの場合は、
国際興業バス巾着田停留所下車、徒歩約3分

車の場合は、
関越自動車道鶴ヶ島I.Cから14Km
圏央道狭山日高I.Cから8Km
圏央道圏央鶴ヶ島I.Cから11Km

駐車場もあるので、車でも行けますが、彼岸花の時期には周辺の道路が大渋滞します。

最近は観光地化されているので、土日はなかなか駐車場に入れません。

そのため、車で行く場合は早朝がおすすめです。

民間の駐車場も近くにあります。

日高市HP:http://www.kinchakuda.com/

埼玉県幸手市の権現堂堤

幸手市の権現堂堤は、関東屈指の桜の名所としても知られています。

雑木林の中にある大規模な曼珠沙華の群生地は、全国でも珍しく、毎年多くの観光客が訪れます。

権現堂堤には300万本の彼岸花が群生しています。

数こそ少ないものの、白や黄色の珍しい彼岸花も見られます。

9月下旬から中旬にかけては、コスモスも楽しめます。

開花時期になると、曼珠沙華祭りが開催されます。

彼岸花が群生している堤の中央あたりにある「峠の茶屋」では、自家製のパンや飲み物、お弁当、幸手市の物産なども販売されています。

お店は、祭りの期間中には無休で営業しています。

幸手市HP:http://www.satte-k.com/event/manjyusyage/