旬の食材を使った敬老の日の夕食メニュー

敬老の日がある時期の旬の食材を使ったメニューには、栗ご飯、骨抜き秋さんまの塩焼き、松茸ご飯、松茸の茶碗蒸し、松茸のお吸い物、茄子の味噌汁などがあります。

デザートなら、ぶどう、梨などがあります。

栗ご飯は、食べやすいように栗を少し小さいサイズにすると良いでしょう。

茄子の味噌汁も食べやすいようにお揚げを刻んで入れると良いでしょう。

ご飯のお供に最適なおかずのギフト

敬老の日に、祖父母にプレゼントを送ろうと思った時、なんにしようかと悩むことがありますね。

特に祖父母の痴呆症がひどくなったりすると、自分が会いに行っても会ったことすらすぐ忘れてしまったりします。

そうなると、花、盆栽を送ってもとても楽しめる状況ではありませんし、お菓子などを送っても、介護する人が持ち上げるのが大変なので、ダイエットをするためにあまりお菓子は与えられません。

祖父母の家が遠いと、仕事の都合などで敬老の日に時間を合わせて会いに行くこともできません。

そんな時は、ご飯のおかずになりそうなものを送れば、喜んでもらえるのではないでしょうか。

祖父母の介護をしている側の負担にならないような簡単に調理できるおかずのギフトがあれば便利です。

例えば、ニチレイから「気配り御前」という糖尿病食が出ています。

見た目はよくコンビニなどで売っているお弁当と変わりませんが、カロリーが控えめで、栄養バランスも充実しています。

食べ方はレンジで温めるだけなので簡単です。

また、キューピーから「カロリーチョイス」というシリーズが出ています。

これも糖尿病食ですが、そう感じられないほどおいしいです。

こちらは、熱湯で温めるだけで食べられます。

お年寄りやお子さんが好きなものを選ぶ

お年寄りやお子さんが好きそうなものをそれぞれ選べば、お子さんが喜ぶので、一緒にいるおじいちゃん、おばあちゃんも嬉しいでしょう。

また、おばあちゃんから伝えられたものを継承するという意味でも、おばあちゃんがよく作ってくれた料理を作るという手もあります。

水分が少ないものは避ける

食べ物の好みは人によって異なりますが、歳をとればとるほど大樹の分泌量が減ってくるので、カステラのように水分の少ない食べ物は口の中の水分が吸い取られて飲み込みづらくなります。

中には平気で食べられるお年寄りの方もいますが、ほとんどのお年寄りはそんな感じになるでしょう。

そんな場合は、もう少し水分があるケーキなどにしてみると良いですね

同居していなければ、相手の好みを知る機会が少ないものですが、次に会ったときに食べ物の好みを直接聞いておけば間違いありません。