敬老の日・定番の花「りんどう」

敬老の日のプレゼントで喜ばれるプレゼントとして最も人気なのが花ですが、中でも定番のものとしてよく知られているのがりんどうの花です。

りんどうが敬老の日のプレゼントとして定番になっている理由は2つあります。

1つは、紫色が冠位十二階の最高位の色で、古くから位の高い人や尊敬する人に身に付けてもらう色として紫色が尊い色とされていたからです。

もう一つは、りんどうの根が効き目の高い漢方薬として重宝されていたため、お年寄りへの健康、長寿、尊敬の念を込めて送るのにふさわしいとされていたからです。

プレゼントにおすすめのお花は?

ハーバリウム

ハーバリウムはもともと研究のために植物を乾燥させた標本でしたが、今では観賞用に作られたガラス瓶入りのものを指しています。

ハーバリウムはドライフラワーやプリザーブドフラワーをガラスボトルに入れて、専用のオイルに浸したものです。

枯れない生花なので、手入れなしでもずっと飾っておけるため、毎年送ることで種類を増やして楽しむこともできます。

敬老の日のプレゼントとしても年々人気が高まっています。

目上の人へのプレゼントには蘭などがお勧めです。

アレンジメント

手間の少ないアレンジメントもいいかもしれません。

ネットで敬老の日にふさわしいアレンジメントを扱っているお店があるので、希望のイメージを伝えてオーダーすることもできます。

花キューピットでは、お花をバルーンやボックスでアレンジしたものが人気です。

ブーケ・鉢植え

お店の店員にブーケをアレンジしてもらったり、観葉植物の鉢植えをプレゼントするという手もあります。

小ぶりのブーケなら華やかに見えますし、鉢植えなら長持ちして長期間楽しめます。

プレゼントに避けた方がいい花は?

きれいな花は敬老の日に喜ばれるプレゼントですが、菊やネリネは仏事を連想させますし、シクラメンは苦しみ、下向きに咲く花は首が垂れるというイメージがあるので避けましょう。

お仏壇にお供えする場合は、バラは避けたほうがいいですが、花屋さんにお仏壇にお供えすると言えば、それにふさわしいものを用意してくれます。