菜の花が開花するのは何月ごろ?

菜の花は地域によって開花する時期が違います。

 

 

開花するのは3月中旬から6月上旬までで、その年の気温によって異なります。

主なお花見スポットとしては、1月下旬ごろから鹿児島の「いぶすき菜の花マーチ」、三月下旬から埼玉の権現堂桜堤「桜まつり」、4月下旬から長野の「菜の花まつり」、1月下旬から千葉の「マザー牧場」、2月上旬から千葉南房総「房総フラワーライン」、3月上旬から東京の「浜離宮恩賜公園」などがあり、期間は2~3ヶ月くらいですが、その年の天候次第で開花時期が異なります。

 

動画:毎日ニュース

 

菜の花という植物が存在しているわけではなく、一般的に観賞用としてはアブラナ・カラシナなどのアブラナ科の植物の黄色い花を菜の花と呼んでいます。

最近では種苗メーカーがアブラナ科の植物を改良して、見栄えの良い花を咲かせる品種を作り出し、販売しているようです。

このように菜の花には様々な種類があり、その年の気候にも左右されるので、見頃の時期を特定するのが難しいのです。

菜の花の旬の季節は何月ごろ?

菜の花の旬の季節は1年の中でもごく僅かなので、見逃さないようにしてください。

 

 

菜の花がスーパーに並ぶ時期は、2月から3月ごろです。

栽培方法が研究されたことで、スーパーでは1年中菜の花を見かけることができます。

しかし、もともとは菜の花が咲く前の2月から3月頃が旬の季節です。

菜の花の生産量が多いのは、千葉県や四国地方です。

 

スーパーで売っている菜の花は食用になるものですが、菜の花畑の菜の花は観賞用で食用にはなりません。

それぞれに品種が異なり、食用の菜の花には「菜々みどり」、油用の菜の花には「キラリボシ」「ななしきぶ」「キザキノナタネ」、観賞用の菜の花には「黒川寒咲きちりめん」「春雷」「紅月」があります。

大きな花がたくさん咲いて長く持つものや、花付きの良い物などの品種改良が行われています。

それぞれの用途に合った品種が使われているのです。