青森県十和田市の奥入瀬渓流沿いにある「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」では、苔の世界を徹底的に楽しめる「苔ガールステイ」という宿泊プランがあります

2018年6月1日(金)~8月31日(金)までの期間限定(毎週月曜以外)のプランは、苔の世界を満喫できるプランです。

部屋、インテリア、食べ物までも苔をテーマにしています。

また、苔を知り尽くすガイドとともに観察して歩く「苔さんぽ」や苔玉を作って持ち帰ることができる「苔玉作り」など、すべてが苔づくしなのです。

奥入瀬渓流は苔の観察スポット

ここまで苔を強調するには理由があります。

それは奥入瀬渓流が苔の観察スポットとして有名だからです。

奥入瀬渓流には、日本で約1800種類ある苔のうち、約300種の苔が生息しています。

日本蘚苔類学会から「日本の貴重なコケの森」にも選定されるほど、苔の観察スポットとして話題になっています。

そんな奥入瀬渓流の苔の魅力を思う存分楽しめるように企画されたのが、「苔ガールステイ」です。

この「苔ガールステイ」と同じプラン自体は、2013年から提供され続けているらしいです。

苔を題材にした「苔ルーム」

苔をテーマにした客室は1室のみです。

中は苔の緑一色で、本物の苔と苔モチーフの物でできています。

「スナゴケベッド」「苔マット」「苔の胞子体が付いている苔モチーフの超モフモフスリッパ」「ジャゴケクッション」「苔ティッシュケース」「バスローブ」「トイレットペーパー」「石鹸」といったインテリアやアメニティーが苔で統一されています。

壁には、苔の群落を表現した壁飾りが飾られ、ベッドボードには本物の苔玉が置かれています。

フードもドリンクも苔

フードやドリンクも苔づくしで、渓流を望む渓流テラスでは、「苔玉づくり」や苔をイメージして作られた「苔ランチプレート」が楽しめます。

苔を表現したメニュー「チキンのペルシャード」は、ルーペで苔の観察を疑似体験できます。

また「森の神話ラウンジ」では、苔の趣きがあるカクテルを楽しめます。

抹茶味の「苔玉アイス」

「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」では、苔にちなんだ苔玉アイスもあります。

「苔玉アイス」は、抹茶アイスの表面にほうれん草パウダー、下にはりんごのジュレが敷かれています。

苔を楽しめるアクティビティ「苔さんぽ」

本物の苔に触れられるアクティビティーも充実しています

奥入瀬を熟知したスタッフが苔のアシストをしてくれる人気のアクティビティが「苔さんぽ」です。

このアクティビティは、渓流沿いを歩きながら、ルーペで苔を眺めて楽しむというものです。

苔だけでなく、奥入瀬全体の自然に触れられます。

「苔さんぽ」の途中では、特設のカフェでコーヒーを飲むティータイムも用意されています。

「苔さんぽ」は、約2時間半かけて1kmも歩かないのんびりしたツアーです。

まとめ

苔を様々な方法で楽しめる「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」。

1日1室限定の「苔ガールステイ」の価格は、2名1室1泊2食付で1名あたり3万200円からです。

1名から宿泊できます。

予約方法は、宿泊の1週間前までに「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」に電話で予約することになっています。

苔に興味のある方は、思い出作りとして、試しに出かけてみてはいかがでしょうか。