お盆の意味と由来

7月15日前後の先祖供養の時期をお盆といいます。

現在では、旧暦の7月に行う地域もあれば、新暦の8月に行う地域もあります。

関東・中部では7月13~16日、関西・東北・北陸などでは8月13~16日が一般的です。

お盆は、盂蘭盆会(うらぼんえ)、精霊会(しょうりょうえ)などともいいます。

盂蘭盆会とは、逆さに吊るされた苦しみを救うという意味のサンスクリット語で、精霊とは先祖の霊のことです。

サンスクリット語とは古代インドの言語です。

盂蘭盆会は、釈迦の弟子の目蓮が「死んだ私の母親が、地獄に落ちて逆さ釣りの罰を受けて苦しんでいるのですが、どうすれば救われるでしょうか」と釈迦に教えを請うたところ、母親は救われて極楽浄土に行くことができたので、盂蘭盆会の行事が生まれたとされています。

この盂蘭盆会の行事が日本に伝来し、日本独自の祖先信仰と合わさって、日本ならではのお盆の習慣ができました。

12日の夕方、遅くとも13日の朝には、野外や仏壇の前などに盆棚(精霊棚)と呼ばれる棚を作ります。

仏壇をきれいにし、飾りとお供えをして、位牌を取り出しておきます。

仏壇の前に小机を置き、その上にまこも(ゴザ)を敷きます。

盆棚には、中央に位牌や香炉、ろうそくなど並べ、野菜や果物のような季節ものや、花、お盆には欠かせないぼたもちなどを供えます。

また、水とご飯も朝昼夜の3回供えます。

盆棚の起源は地獄に堕ちた人の供養なので、供えるごちそうは多ければ多いほどよいとされています。

さらに、ナスで作った牛やキュウリで作った馬を飾りますが、これは祖先の馬が霊に乗ってこの世に戻ってきて、帰りは牛に乗って帰って行くとされていたためです。

このナスで作った牛を精霊牛、キュウリで作った馬を精霊馬といいます。

このお盆の期間には、僧侶を招いて読経してもらい、盛大に供養します。

この年に亡くなった人が出た家で初めて迎えるお盆を新盆と呼び、特別な提灯を飾ったり、精進料理、初物の野菜や果物、故人の好物などを供えたり、故人と親しかった人を招いて手厚く供養する習わしがあります。

そして、お盆が始まる13日には、夕方になると精進迎えといって祖先の霊が迷わずに帰ってこられるように、盆棚や仏壇の前に盆提灯を灯し、家や寺の前で迎え火として麻幹(おがら)をたきます。

16日の夕方には、迎え火と同じ寺や家の門前で送り火を燃やして、祖先の霊の帰り道を明るくして精霊を送り出します。

 

このとき、地域によっては、盆飾りや野菜や果物などのお供えを盆棚に乗せて川や海に流す精霊流しが行われます。

また、精霊流しの一種である灯籠流し(とうろうながし)をする地域もあります。

これは灯籠にローソクの火をつけて川や海に流すと、精霊がその灯籠に乗って川から海に出て、そこからあの世に帰って行くとされていたためです。

盆踊りの意味と由来

お盆の時期になると、年国各地で盆踊りが行われます。

もともとは1年に1度だけ、お盆のときに精霊がこの世に戻ってきたのを供養するために踊ることでした。

盆踊りは、鎌倉時代に先祖供養と時宗の開祖である一遍上人が広めた念仏踊りが結びついて始まったようです。

それが、やがて笛や太鼓で囃(はや)すようになり、おそろいの衣装で踊ったりしていました。

さらに、江戸時代になると、三味線や歌も加わり、ますます娯楽性の強い行事になっていきました。

盆踊りには、行列踊りといって、列を組んで歩きながら踊る念仏踊りや大念踊りなどがあります。

その中でも代表的なのが有名な阿波踊りです。

また、櫓(やぐら)を中心に、その周りを踊る輪踊りもありますが、この踊りは古代の日本で神様が降りてきたところを中心として、その周りに輪を作って踊ったことに由来しているとされています。

現在では旧盆、新盆に限らず、夏の間じゅう、あらゆるところで盆踊りが行われています。