十五夜の満月にお月見する意味や由来とは

1年のうちで月が最もきれいに見えるのが十五夜です。

旧暦の8月15日は、現在の9月20日前後で、ちょうど満月にあたります。

この日を十五夜といい、満月に団子などにお供え物をして、お月見をしていました。

十五夜は故人をしのぶ行事でもあります。

旧暦では、1月から3月までが春、4月から6月までが夏、7月から9月までが秋で、10月から12月までが冬としていました。

そして、旧暦の7月、8月、9月を、それぞれ初秋、中秋、晩秋といっていました。

旧暦の8月を中秋といっていたので、十五夜は中秋の名月ともいわれ、人々はその日に月見を楽しみます。

この頃は、 1年で最も空気が澄んでいて、月がきれいに見えていたので、この時期にお月見をするようになりました。

中秋の名月を観る習慣は、中国の唐の時代にすでに行われていて、野菜や果物などを供えて月を拝んだり、観賞していたという記録が残っています。

また、中国では満月の下で月を愛でながら、詩歌や管弦の演奏を楽しむ中秋節という行事があり、これが平安時代の頃に日本に伝わりました。

初めは貴族階級の間で十五夜を観賞していましたが、貴族は月を直接見上げるのではなく、池に船を浮かべ、池の水面や酒杯に月を映して、明月を楽しんでいたようです。

そんな雅な行事が、江戸時代ごろに庶民にまで広がり、後に稲作が発達してくると、お月見は稲の収穫祭と結びつき、農作物の収穫祭の色合いが濃い行事になりました。

人々は豊かな実りの象徴として満月を鑑賞し、お供え物をして幸せを祈願したのです。

ススキは作物や子孫の繁栄を見守ってくれる月の神様がこれに乗り移ると考えられていて、稲穂の代わりにお供えするものでした。

当時の人々は月の満ち欠けで月日を知り、作物を育てる目安にしてきました。

当時は里芋を主食としており、中秋の名月にあたる陰暦8月15日(新暦の9月中頃)には、農村では豊作を祈願して、秋に畑でできた収穫物の中でも、特に満月の夜には里芋を供えていました。

そのため、十五夜を芋名月ともいいます。

晩秋にあたる旧暦の9月13日、現在の10月中頃の月見を十三夜といい、後の月ともいわれました。

お月見は十五夜が有名ですが、もともと月見は十五夜と翌月の十三夜の両方を観月していました。

片方しか見ないのは、片月見(かたつきみ)として縁起が悪く、不吉なこととされていました。

この十三夜の時期は、秋の収穫を祝うという意味も込められていたので、(枝)豆や栗などの作物を供えていました。

そのため、豆名月とか栗名月などともいいます。

現在では、十三夜の風習はあまり見られなくなってきていますが、かつては十五夜と同様に重要な行事とされていました。

その後、お供え物は米で作った団子に変わっていきました。

やがて月見団子という名で知られるようになりますが、月を模して真ん丸に作るのが習わしになっています。

月見団子は何個供えるの?

お月見で団子を神仏に供えるのは、日本では昔から団子が家神が宿る神聖なものと考えられていたからといわれています。

そして、我が家の団子を食べると、自分の家のルーツがなくなって結婚できなくなるといわれたので、嫁入り前の娘が月見団子を食べることは戒められてきました。

さらに、月を模した団子を体内に入れることが受精を想像させるので、望まない妊娠につながると恐れられていました。

女性の生理は月経ともいい、月に影響されているともいわれています。

生理の周期と月の満ち欠けはとても似通っています。

月の引力の強弱が人間の体液や血液の循環リズムに影響するとされていますが、古代人はそれを無意識のうちに把握し、教えとして行事の中に取り入れたのかもしれません。

また、団子はお月さまと同じ丸いものなので、それを食べることで健康と幸せが得られるとされていたので、月見団子を供えていたともいわれています。

この習慣は江戸時代の頃には定着していたようです。

月見団子は、形や素材、供える個数が地域によって違います。

江戸時代の頃は、江戸では丸型で京都では芋型をしていたという記録が残されています。

大きさは十五にちなんで一寸五分、4.5センチほどです。

それを三方(さんぽう)という神事に使われる木製の台に、ピラミッド型に積み上げます。

団子の山の頂上が霊界に通じていて、収穫を神に感謝できるようになると信じられてきました。

三方にのせてお供えする月見団子の数は、十五夜には15個または5個お供えし、十三夜には13個または3個お供えします。

地域によっては、1年の月の数に合わせて平年には12個、閏年にはそれに1個増やして13個お供えするところもあるようです。

三方に盛ってお供えするときには、お月様に表を向けます。

お月様にお供えするので、表を自分の方に向けないようにしてください。

三方はその名の通り表と左右の三方に窓が開いていて、窓が開いていない面が裏です。

一般的には、お団子と一緒にススキを飾ります。

ススキは月の神様が乗り移ると考えられているので、稲穂の代わりにお供えしていました。

本来ならばその年に収穫した稲穂を供えたいところですが、まだ収穫の時期よりも早いので、見た目が稲穂に似ているススキが選ばれたようです。