最中とは、現在では、もち米の粉を水で練り、それを薄くして焼いた皮を1枚合わせ、その間に餡を挟んだ和菓子の事を指していますが、最初はせんべいのようなお菓子でした。

江戸吉原のお菓子屋で「竹村伊勢」というせんべい屋が、満月のような形の「最中の月」というせんべいのようなお菓子を発売しました。

「最中の月」とは、中秋の名月(陰暦十五夜の月) のことで、その名の由来は、平安時代中期の歌人である源順(みなもとのしたごう)が白い丸餅の菓子を見て、それが中秋の名月に似ていると感じ、平安時代の歌集「拾遺集」に、「水の面に照る月なみをかぞうれば今宵ぞ秋のもなかなりける」と詠んだ事でした。

「秋のもなか」とは、秋のど真ん中という意味です。

「最中の月」が省略されて「最中」となり、形が丸いもの以外も、次第に最中と呼ぶようになっていきました。

真ん中に餡が入っているので、中央という意味で「最中(さいちゅう)」からつけられたという説もありますが、それは「最中の月」が作られた以降のことです。

最中が現在のようなお菓子になったのは、明治時代になってからです。