野菜に含まれる酵素から生命力をもらう方法

野菜や果物にはビタミンやミネラルなどの微量栄養素が豊富に含まれています。

また、最近ではこれらの成分だけでなく、第7の栄養素として知られるファイトケミカルが注目されています。

ファイトケミカルは植物に含まれている色素、香り、苦味といった成分で、糖質、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルといった5大栄養素と違い、エネルギー代謝に直接関わっている成分では無いため、これまでは栄養素として認められてきませんでした。

それが、近年の研究によって、癌細胞が増殖するの抑えたり、傷ついた細胞を修復するなどのように、優れた抗酸化作用があることが判明したのです。

免疫力を高めたり、感染症への抵抗力を強化したり、記憶力や集中力を高めたりする効果もあると期待されています。

自然界の中で1万種類以上あるといわれるファイトケミカルの中で最も有名なのは、ポリフェノールです。

ぶどうやブルーベリーの色素成分であるアントシアニンや、大豆に含まれているイソフラボン、お茶の苦味成分であるカテキンなどは、全てポリフェノールと同類です。

また、かぼちゃや人参に含まれているβ-カロテン、トマトに含まれているリコピン、ほうれん草、ブロッコリー、とうもろこしに含まれているルテインなどは、カロチノイドと呼ばれている色素成分と同類とされています。

その他にも、階層に含まれているネバネバした成分のフコイダン、きのこ類に含まれているβ-グルカン.グレープフルーツやリンゴに含まれているペクチンなども多糖類系のファイトケミカルとして知られています。

このようなファイトケミカルは、植物が自然界で生き延びていくために自ら作り出した成分です。

例えば、強い紫外線を受け続けたままでは、大量の活性酵素が発生するので、細胞が傷ついて、植物の成長が妨げられてしまいます。

この紫外線を無害化するためには、カロテノイドやポリフェノールの抗酸化作用が有効です。

あるいは、小動物や虫の餌になるのを防ぐために、それらが嫌う辛味、苦味、特有の臭いなどを発するファイトケミカルの働きが必要なのです。

野菜や果物を摂る事は、このような植物が持っている強い生命力を取り入れるということを意味しています。

酵素の働きも、このことと密接に関係してきますが、人間は新鮮な野菜や果物を摂取することによって、その植物が持つ生命力をもらい、自らの生命を養っています。

ただし、野菜や植物からビタミン、ミネラル、ファイトケミカル、酵素などの成分を補給するには、食材ごとの質を考慮する必要があります。

ここで大切なのは、記憶な土壌で作られている無農薬有機栽培の野菜や果物をどれだけ摂取できるかということです。

このようなことを無視して、野菜や果物をたっぷり取るというだけでは、見かけ倒しの栄養指導になってしまうのです。

人間の生命力は酵素量に比例する

酵素は、人間が生きて、心臓を動かしたり、呼吸をしたり、食べ物を消化吸収したり、排泄したり、思考したり、あるいは、植物が種から芽を出したり、茎を伸ばしたり、腹を咲かせたり、実を熟したりするといった生命活動の様々な場面で、触媒として関わっているタンパク質の物質です。

既に分かっているものだけで3,000から5,000種類ありますが、実際には、おそらく数万単位の酵素が、人間の体内に存在していると考えられています。

しかし、これらの酵素が体内で十分に働いていなければ、食物から様々な種類の栄養素をバランスよく摂取していたとしても、それを生かしきることができません。

むしろ、それどころか、酵素がなければ人間は全く生命活動を維持することができないのです。

一般的に酵素は、食物の消化吸収にかかわる消化酵素と、それを人間が生きるために必要な様々なエネルギーに変換する代謝酵素とに分類されています。

これらの消化酵素は、体内に一定量が備えられていますが、腸の状態を悪くしてしまう間違った食習慣や、精神的にストレスの多い生活、食品に含まれる有害物質の解毒、医薬品の使用、紫外線や電磁波などの影響により、大幅に消耗されてしまいます。

端的に言えば、消化の悪い肉類、牛乳、乳製品ばかりを摂取していたら、より多くの消化酵素が必要になるのです。

あるいは、パソコンを使用したデスクワークばかり続けていると、電磁波を長い時間浴びることになるため、体内に発生した活性酸素を無害化するのに、様々な代謝酵素が必要になります。

むしろ、このような酵素を消耗する生活を続けていれば、十分な消化や代謝ができなくなります。

そうすると、人間の生命力はどんどん衰えていってしまうのです。

アメリカの酵素研究者のエドワード・ハウエル博士は、体内酵素の総量はすべて決まっているという説を立てて、これを潜在酵素と呼んでいましたが、酵素の消耗が多ければ多いほど、人間の生命力は衰え、それが病気や死につながっていくのは明白です。

人間が生き生きとして、生命力が高い状態というのは、体内の酵素が十分に働いている状態であるからです。

このような考え方をしていなければ、どれだけ優れた医学、栄養学を持ち込んでも、人間を正真正銘の健康体にするのは難しいでしょう。

現代医学が病気にかかっている人の体を臓器別に診断し、ただ単に症状を抑えようとするだけの対症療法に終始してしまっているのも、人間の生命の根幹を担っている酵素に対する認識が甘いからだといえます。

このような体内の酵素の働きを活性化し、心と身体を元気にするためには、2つの方法が考えられます。

1つ目は、酵素を消耗するような生活をなるべくしないようにすることです。

自分の体をいたわって、しっかりとケアするというのは、体内酵素を浪費しないようにするという事を意味しています。

食事以外でも、質の良い水の補給、適度な運動、コーヒーエネマ(腸内洗浄)のような腸内の効率的なデトックス、ストレスに負けない強い心の持ち方などが大切です。

2つ目は、毎日食べているものから、酵素を効率よく補給するということです。

食品などに含まれている酵素は食物酵素と呼ばれています。

酵素は熱に弱いので、生野菜、果物、発酵食品、魚介類などに多く含まれています。

普段の食生活に、このような食品を中心にした酵素食のメニューを積極的に取り入れることによって、体内で酵素が消耗することを防ぎ、生命力の低下を補うことが出来るのです。

酵素は生命力の源となる物質

酵素は触媒として生命活動の根幹に関わっているとても重要な物質です。

その働きについては、まだ解明されていないことも多く、仮説を信用せざるを得ない部分もあるのが現状です。

例えば、酵素はタンパク質を原料にしていると言われていますが、それならば、食物から酵素を補給したとしても、体内でアミノ酸やペプチドに分解されるので、酵素を補給したことにはならないのではないか、と指摘されることもあります。

しかし、酵素はタンパク質を原料にしてはいるものの、タンパク質そのものというわけではありません。

アメリカの酵素研究者の中には、酵素がなければタンパク質も動かないといった考え方をする人もいます。

また、これもひとつの仮説ではありますが、生命活動の根幹に関わっている酵素をタンパク質でできている物質であるとする、これまでの生化学の知識だけで考えようとするのは無理があると言えるかもしれません。

例えば、インスタント食品、ジャンクフード、電子レンジで温めた弁当や総菜、冷凍食品、缶詰等を食べることが多い現代人は、酵素が含まれた野菜や果物を食べる機会がとても少なくなっているはずです。

また、生野菜や果物を食べるように心がけていたとしても、それらに含まれるビタミンやミネラルは、昔と比べて大幅に減少しています。

農薬や化学肥料を多用することで、土壌の生命力が落ち、そこで採れる野菜や果物の生命力も落ちてしまっているので、酵素量も減少してしまっていると考えられるのです。

このような状況であるにもかかわらず、カロリー計算や成分分析によって成り立っている現代の日本の栄養学を基準にすると、ジャンクフード、電子レンジで温めた弁当や総菜、生命力が衰えた土壌で育てられた野菜など、すべての食品が、肥沃な土壌で育てられた新鮮な野菜と同列に扱われてしまいます。

生命力がどのくらいあるのかという最も重要視しなければならないことが、軽視されているのです。

例えば、ジャンクフードが体に悪いのは、基本的な要素が欠落しているということで、それは栄養素が偏っているからだということになって、不足している分は他の食品で補いましょうという事になります。

あるいは、ジャンクフードが高カロリー、高脂肪であるという場合は、できるだけ摂取するのを控えましょうという言い方になるでしょう。

それは確かに事実であるかもしれませんが、足りないものを補えばいいという考え方は、生命力を過剰に軽視することにもつながりかねません。

肥沃な土壌で栽培されたとれたてのトマトをイメージすると、すべてを成分分析だけで、一つ一つの栄養素の働きとして解析できると考えるのは正しいとは言い切れません。

生命力の源となっている酵素を理解するには、生命に対する考え方を根本的に変えていく必要があります。

すべての酵素の原型になるもの

このような酵素の働きは、まだ明らかになっていないことが多いのですが、その中でも不思議なのは、1つの酵素が1つの働きしかしないということです。

例えば、唾液に含まれているアミラーゼという酵素はでんぷんを消化することにしか働きませんし、胃液に含まれているペプシンはタンパク質を消化することにしか働きません。

個々の働きが特化されているために、数千から数万種類の酵素が存在することになるのですが、体の働きとしてはやや非効率に思えます。

しかし、1つの酵素が1つの働きしかしないといっても、バラバラに働くのではなく、常に連携し合いつつ、働いているという状況がうかがえます。

また、体内の活性酸素を除去するSOD(スーパー・オキシド・ディスムターゼ)と呼ばれている酵素でも、新鮮な野菜や果物のような抗酸化食品を多く摂取することによって、その分泌量を増やすことができます。

つまり、食事によって体内に入った酵素は、体内でアミノ酸やペプチドに分解されるだけでなく、体内酵素の原型として蓄積され、それが必要に応じて何万もの酵素に作り変えられ、様々な場所で使われています。

この酵素の原型であるミラクル・エンザイムを消耗した生活をしてしまうことによって、体全体の機能が低下し、生命力が低くなってしまうのですが、それを改善するためには、毎日の食事の中から十分に酵素補給することが大切なのです。

酵素がふんだんに含まれている生野菜.果物、発酵食品を摂取する食習慣を身に付けることによって、そこから得られる食物酵素がミラクル・エンザイムとして体内に貯蔵され、体内で働いている様々な酵素の材料として利用されます。

そして、悪化していた腸も徐々に改善されていきます。

つまり、食事を摂ることによって体内酵素が活性化し、心身共に健康になって、生命力も高まるのです。

今まで以上に生きた食品を食べてみる

生命活動の根幹に関わる酵素の働きについて、まだ医学も栄養学も、はっきりと把握することができていません。

あるいは、酵素に対する関心自体が欠如してしまっているといってもいいでしょう。

酵素に対して無関心になっていると、生命力に対しても無関心になってしまいがちです。

そうすると、人間が普段生活していることとはかけ離れた理論が蔓延することになってしまいます。

例えば、現代医学では、がんを治療するときに、抗がん剤を使うことが当然のようになっていますが、抗がん剤を使用すると、食欲不振、吐き気、下痢、脱毛などのような強い副作用を伴う場合が多いのです。

このような副作用が起こるのは、抗がん剤が、がん細胞だけでなく、正常な細胞までも傷つけてしまう毒でもあるからです。

この毒によって、正常な細胞に問題が起こると、その細胞を再生させるのに多くの酵素が必要になります。

そうすると、ミラクル・エンザイムとして体内に貯蔵されていた酵素が次々に減っていき、その分だけ、体のあらゆる部分が酵素不足になってしまいます。

そして、栄養不足によって体調を崩し、重度の副作用を引き起こしてしまうのです。

そういう意味では、抗がん剤だけでなく、薬自体が、酵素の活性を阻害していることが理解できるでしょう。

風邪薬を飲んで風邪が治ったとしても、体内の免疫力自体はどんどん落ちていくので、結局、病気にかかりやすい体質に変わっていってしまいます。

ですから、安易に薬を使用して、症状抑えようとすることが、生命力も落としてしまっているという事実に気付かなければならないのです。

このような薬の怖さを熟知していれば、薬の使用をなるべく避けるようになります。

例えば、癌の手術が必要な場合であっても、幹部のがん細胞を切除しさえすれば、抗がん剤を投与することも、よほどのことがない限りしなくなります。

それよりも、がんの原因になるような生活習慣を改めることが大切なのです。

その中でも最も大事なのは、食事によって酵素をとることです。

普段の食事が人の細胞を作っているので、酵素がしっかりと補給でき、腸の状態を良くする食事が、術後の経過を安定させることになるのです。

もちろん、がんにかからない、あるいは病気をしない日々を過ごすためには、もっと健康なときから酵素をしっかりと補給することがとても重要です。

例えば、野生のチンパンジーの大半は、ほとんど病気にかからずに一生を終えます。

こうした健康が保たれる理由は、野生のチンパンジーの食事がすべて「生」であるからです。

動物ですから、当たり前なのですが、加熱されていない生野菜や果物を毎日摂取することによって、チンパンジーは生命力の根源である酵素を十分に補給しているのです。

対して、人間の食生活は、野生のチンパンジーのように全て「生」というわけにはいかないとしても、酵素が含まれていない食品ばかりを食べているケースが多いのです。

また、現在の日本の医学や栄養学では、このことが特に問題視されていません。

しかし、栄養素をバランスよく食べても、それだけで元気になることはできません。

ですから、このことについて深く考えてみる必要があるのです。