画像引用元:TBSテレビ

ドラマ「メゾン・ド・ポリス」第1話のネタバレ

天ぷら店の店主・薗田政二がデスダンス事件と同じ手口で殺された。

薗田が焼殺された様子が動画投稿サイトにアップされた事で発覚した。

若手女性刑事の牧野ひより(高畑充希)は、5年前のデスダンス事件と同様の手口による犯行ということで、当時事件を担当していた元刑事の夏目惣一郎(西島秀俊)から話を聞くため、夏目がいるという洋館を訪ねたが、夏目に人違いだと言われてしまう。

元警察庁のキャリア・伊達有嗣(近藤正臣)に引きとめられ、洋館の中へ入るひより。

実は、その洋館は元警察官のおじさんたちが共同生活を送るシェアハウスだった。

そこでひよりとおじさまたちの不思議な捜査会議が始まる。

5年前の事件では被害者全員が1セント硬貨を持っていた。

しかし、そのことは警察関係者のごく一部しか知らないはずだった。

しかし、今回の事件でも1セント硬貨があったため、ひよりはそのことが気になる。

ひよりは5年前の犯人とされる本間弘喜(小久保寿人)は冤罪で、真犯人が再度動き出したと推理する。

ひよりは5年前の犯人である本間に、殺害の手口を誰かに話したか聞きに行くが、本間は無実を主張する。

本間は、無実なのに自供したのは、夏目というひどい刑事に強引に言わされたからだという。

そこの現れた夏目が、まるで人間が変わったかのように脅迫めいた詰め寄り方をすることに、ひよりは驚く。

巡査長の原田(木村了)は、息子が保険金目的で父親の薗田政二を殺したのではないかと考えていた。

ひよりは、薗田の息子の政義が犯人なら、5年前と同じ犯行を今日もするのではと考え、政義を追いかけるが、犯人に襲われ、気絶し、捕まってしまう。

伊達が通報し、園田義政を確保したが、政義はひよりのことは何も知らないと話す。

ひよりを監禁していたのは弘喜の母・弘子(手塚理美)だった。

息子を逮捕した夏目を後悔させるために、ひよりに電話をかけさせていた。

ひよりは「犯人は園田義政!」と叫ぶが、すぐに電話が切れた。

弘子は偶然、愛人倶楽部で出会った政二を殺害した。

弘子が息子を助けるため、そして夏目を後悔させるために、自分が犯人だと遺書を書き、火をつけようとするが、危機一髪のところで夏目が駆けつける。

夏目は、ひよりを助けに来たのだ。

夏目は、過去の償いからか、目をつむり、包丁を持って襲いかかってくる母親を避けようとしなかったが、迫田(角野卓三)が間一髪で弘子を取り押さえた。

この事件が解決したのは、公式発表ではひよりの手柄だったが、実際はおじさん達の活躍によるものだった。

ひよりは5年前も今回も真犯人は弘喜だった確信した。

警察や裁判など、1セント硬貨のことは誰も弘喜に伝えていないことをひよりは確認する。

真犯人しか知り得ないことを警察から聞いたと嘘をついて、今回の模倣犯である母親の弘子に教えたのだ。

ひよりは、母親が模倣犯になってくれるほどの愛情があるかを弘喜が確認するために、1セント硬貨のことを母親に伝えたと指摘する。

弘喜は、「しくじりやがって」と激怒する。

その1セント硬化は、「こうちゃん、これ持ってたら幸せになりますよ」と母が自分に持たせてくれた幸運の1セント硬貨だった。

弘喜は、「クソつまらない人生だから被害者にくれたのだ」と言った。

「母は俺が真犯人と本当は気づいていたのに、自分で全部かぶろうとした」

それを弘喜は、「まじ笑えるだろ?お前、刑事むいてないんだよ、燃やしてやろうか!」と言って、ガラス越しにつばを吐きかけた。

逆上した弘喜との面会を終えたひよりは、夏目が正しく、自分が間違っていたことで複雑な気持ちになっていた。

ひよりは、刑務所の外でワゴンを止めて待っていた夏目に、メゾン・ド・ポリスへと連れて行かれた。

事件解決を祝って、盛大な宴が始まっていた。

伊達は、警察から今回の捜査が評価され、才能あるメゾンの住人を捜査に活用することになり、ひよりをリーダーにすると宣言した。