画像引用元:TBSテレビ

2019年1月期のTBS金曜ドラマは高畑充希主演の『メゾン・ド・ポリス』!

加藤実秋原作の同名小説をドラマ化したものです。

サスペンスに定評がある脚本家の黒岩勉が、加藤実秋原作の小説を実写化します。

若手刑事の牧野ひより(高畑充希)と、退職した警察官専用のシェアハウス「メゾン・ド・ポリス」で暮らしている元警察官達が、難事件を解決します。

メゾンに住んでいる元警察官を小日向文世、野口五郎、角野卓造、近藤正臣、西島秀俊が演じます。

今回は『メゾン・ド・ポリス』のキャスト、主題歌、ロケ地などの情報や、気になるあらすじやネタバレについて紹介していきます。

放送日時・概要

毎週金曜夜10:00~10:54

放送局:TBS系

放送開始日:2019年1月11日スタート

公式サイト:http://www.tbs.co.jp/maison_de_police/

スタッフ

原作:加藤実秋「メゾン・ド・ポリス」シリーズ(角川文庫刊)

脚本:黒岩勉

黒岩勉のプロフィール

黒岩勉(くろいわ・つとむ)1973年7月19日、埼玉県生まれ。青山学院大学経営学部卒業。

2008年、「フジテレビ・ヤングシナリオ大賞で佳作を受賞。2009年、世にも奇妙な物語 秋の特別編 『自殺者リサイクル法』で脚本家デビュー。2017年、『僕のヤバイ妻』で第3回ASIA RAINBOW TV AWARDS最優秀脚本賞と第5回市川森一脚本賞を受賞。他の主な連続ドラマの脚本は『謎解きはディナーのあとで』『すべてがFになる』『ようこそ、わが家へ』『モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-』など。

演出:佐藤祐市(共同テレビ) 城宝秀則(共同テレビ)

プロデューサー:橋本芙美(共同テレビ) 芳川 茜(共同テレビ)

橋本芙美プロデューサーのコメント

原作を初めて手にした時、「元警察官のおじさまたちがシェアハウスに住む」という見たことのない設定にとってもワクワクしました。さらに、新米女性刑事がやって来て、おじさまたちと一緒に事件を解決していくなんて、面白すぎて心が躍りました。
そんな、とびきりのワクワク感を入口に、毎回起こる事件は骨太でシリアスでありながら、主人公・ひよりと一癖も二癖もあるおじさまたちが反発したり協力したり、次第にファミリーのようになって事件を解決していく姿を描くことで、斬新で痛快でカッコいい事件ドラマが打ち出せると確信しました。

そして、このドラマのテーマは「このままでは終わりたくない」という思いです。

主人公・ひよりは、ある過去の出来事が自分の人生に大きな影響を与えています。その真相を、必ず突き止めたいと思っています。
警察を退職したおじさまたちは、それぞれに過去の事件、人間関係を深く抱えたまま平穏な日々を過ごしていました。
そんな彼らが出会った時、人生の歯車が大きく動き出し、過去と向き合い新たな1歩を踏み出します。
まだまだ血気盛んな退職警官5人と新米刑事・ひよりの活躍を通して、日本全国のお茶の間へ、この上なく楽しい時間と明日への元気をお届けします!

今回の主人公である牧野ひよりは、特殊能力があるわけではない、性格に問題があるわけでもない、熱血過ぎるわけでもない、ただ真相を突き止めたいと願い悩み奔走するヒロインです。ごく普通の等身大の新人女性刑事は、ある意味新しいヒロイン像です。この、簡単なようで実は難しい役どころを演じられるのは、様々な役を個性豊かに魅力的に演じてきた高畑充希さんしかいないと思いました。
その相棒となる元捜査一課の敏腕刑事・夏目惣一郎には、多くを語らずともその圧倒的な存在感と誰にも真似できない雰囲気を纏い男女問わず絶大な人気を誇る西島秀俊さんがぴったりと思いオファーさせていただきました。
また、メゾンに住む警察を定年退職した個性的なおじさまたちには、映画・ドラマ・舞台に引っ張りだこの小日向文世さん、テレビやステージで輝き続ける野口五郎さん、お茶の間で幅広い世代に人気の角野卓造さん、映画・ドラマ界の重鎮・近藤正臣さん、という素晴らしい方々が集結してくださいました。

笑いあり、サスペンスあり、人間ドラマありの今までにない事件ドラマを、2019年TBS1月期金曜ドラマで放送します!

TBS『メゾン・ド・ポリス』公式サイトより引用

主な登場人物・キャスト

牧野ひより:高畑充希

警視庁柳町北署刑事課の巡査部長。5年前に起こった「デスダンス事件」という殺傷事件の模倣犯を追跡する。事件の手がかりを見つけ出すために、当時その事件を担当していた夏目に話を聞く。

高畑充希のプロフィール

高畑充希(たかはた・みつき)1991年生まれ。大阪府出身。2007年から高校在学中に本格的に女優活動を始める。ミュージカル『ピーターパン』で8代目ピーターパン役を2007年から2012年まで6年間務め、『美男ですね』『コーヒープリンス1号店』などの舞台で活躍。その後、歌手、映画、ドラマ、CMなどで活躍中。代表作は朝ドラ・連続テレビ小説『とと姉ちゃん』主演、映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』ドラマ『過保護のカホコ』『忘却のサチコ』など。

高畑充希のコメント

TBSの連続ドラマは金八先生以来です。
10年ぶりに帰ってこられてうれしいです!
痛快な刑事ドラマが好きで、10代の頃からよく見ていました。今回初めての刑事役ということで、ウキウキ楽しみな気持ちと、あんな難しいたくさんのセリフ覚えられるのかな…と不安な気持ちが五分五分です。でも、素敵すぎるおじさま方が周りを固めてくださると伺って、ホッと!
先輩方の胸をお借りして、のびのび楽しく撮影出来たらな、と思います。

TBS『メゾン・ド・ポリス』公式サイトより引用

夏目惣一郎(なつめ・そういちろう):西島秀俊

メゾンの使用人で元刑事。不器用で真面目な性格。刑事在職中は「デスダンス事件」を担当していた。ひよりが訪ねてくるのを快く思っていない。普段はエプロン姿で、謎の多い雑用係。

西島秀俊のプロフィール

西島秀俊(にしじま・ひでとし)1971年生まれ。東京都出身。1993年、ドラマ『悪魔のKISS』『あすなろ白書』に出演し注目され、映画『居酒屋ゆうれい』に出演。その後、『人魚の眠る家』『チーム・バチスタ』シリーズなど映画、ドラマに多数出演。主な作品に映画『ニンゲン合格』『Dolls』ドラマ『菊次郎とさき』シリーズ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』など。

西島秀俊のコメント

夏目惣一郎は真面目で不器用な男です。そんな男が、おじさんしかいないシェアハウスに住んでいるという設定に不思議な魅力を感じています。
高畑さんとは以前の作品では親子でしたが、今回はコンビという新しい関係でのお芝居が楽しみです。そして、個性豊かなシェアハウスの同居人を尊敬する大先輩たちが演じると聞き、是非ご一緒させて頂きたいと思いました。
第1話の台本は、「さあこれから何かが始まる!」、そんな期待に溢れています。週末の金曜日に、視聴者のみなさんの疲れを吹き飛ばすような楽しいドラマを目指して、スタッフ、キャスト、みんなで頑張ります。若い女性刑事と、経験豊富なクセのある元凄腕警察官たちの人間ドラマを楽しみにして下さい。

TBS『メゾン・ド・ポリス』公式サイトより引用

高平厚彦(たかひら・あつひこ):小日向文世

メゾンの管理人。元警察官。現役時代は事務職専門。メゾン・ド・ポリスの名付け親で、メゾンでは家事全般を担当している。いじられキャラ。

藤堂雅人(とうどう・まさと):野口五郎

メゾンの住人。元科学捜査研究所の博士。普段は白衣姿で、キザな口調をしているインテリ紳士。

迫田保(さこた・たもつ):角野卓造

メゾンの住人。元所轄の刑事。現役時代は現場主義。定年退職してすぐに妻から離婚を切り出された。普段はジャージ姿。

伊達有嗣(だて・ありつぐ):近藤正臣

メゾンのオーナー。元警視庁のキャリア。警察組織の中で圧倒的な強い権力を持っている。笑顔と白髪が特徴の心優しいオーナー。

杉岡沙耶:西田尚美

柳町北署の鑑識係。ひよりの良き相談相手。

瀬川草介:竜星 涼

買い物コーディネーターとしてメゾンに出入り。おじさま達の御用聞きとして活躍。

View this post on Instagram

🇯🇵✈︎🌍 #byebye #japan

A post shared by 竜星涼 (@ryo_ryusei) on

原田照之:木村 了

柳町北署の刑事。ひよりの先輩。

新木幸司:戸田昌宏

柳町北署刑事課長。メゾンとひよりをつなぐ。

メゾン・ド・ポリス 第1話のあらすじ

牧野ひより(高畑充希)は柳町北署の若手刑事。

念願の刑事課に配属されて2年目たったある日、所轄内で人が焼かれる動画がネットにアップされる事件が発生する。

捜査本部は5年前の焼殺事件である「デスダンス事件」の模倣犯と推理し、捜査を開始する。

ひより(高畑充希)は5年前に起こった殺傷事件の模範犯を追跡するために、当時の担当者だった夏目(西島秀俊)に話を聞きにメゾンに向かう。

ところが、この洋館は元警察官のおじさん達が生活するシェアハウスだった!

そして、ひよりとおじさんたちの捜査会議が行われる。

ひよりは腰痛、高血圧、老眼でも捜査の腕前は超一流のおじさん達と難事件を追っていくことに・・・。

ドラマ「メゾン・ド・ポリス」の原作

今回のドラマはオリジナルではなく、原作の小説があります!

それは加藤実秋の小説『メゾン・ド・ポリス』シリーズです。

加藤実秋『メゾン・ド・ポリス』シリーズは角川文庫で出版されています。

2018年1月に発売された『メゾン・ド・ポリス 退職刑事のシェアハウス』は、半年もしないうちに5度の重版がかかる人気作品です。

ドラマが始まる前に読んでおくと、さらに楽しめそうですね!

続編の「メゾン・ド・ポリス2 退職刑事とエリート警視」が2018年10月24日(水)に角川文庫から発売されました。

加藤実秋の過去のドラマ化作品は下記の3作です。

『モップガール』(2007年10月~12月、主演:北川景子)
『インディゴの夜』(2010年1月~4月、全63話・主演:森口瑤子)
『テディ・ゴー!』(2015年10月・全4話、主演:森川葵、原作名:アー・ユー・テディ?)

原作者・加藤実秋のコメント

こつこつと書き続けた作品に、ご褒美をいただいたような気持ちです。豪華なキャストのみなさんが、強者曲者揃いのキャラクターをどう演じられるのか、一視聴者として楽しみたいと思います!
撮影が無事に進み、パワフルな現場になるよう祈るばかりです。

TBS『メゾン・ド・ポリス』公式サイトより引用

『メゾン・ド・ポリス』の主題歌はWANIMAのアゲイン

主題歌は、幅広い年齢層から人気を集めるロックバンドのWANIMA が担当します。

主題歌に選ばれた『アゲイン』は、ドラマのために書き下ろされた新曲です。

WANIMAのプロフィール

WANIMAはメンバー全員が東京都在住熊本県出身で、KENTA、KO-SHIN、FUJI の3人からなるロックバンドです。2014年のデビューから人気を博し、今年1月にリリースされたメジャーデビューアルバム『Everybody!!』(エビバデ)が35万枚を突破。8月には初のドーム公演を開催し2日間で7万人を動員しました。

WANIMA KENTA(Ba/Vo)のコメント

主題歌を任せて頂きありがとうございます。
純粋にうれしかったです。
3人で何度も試してはやり直し辿り着いた一曲です。
沢山の方々に届くことを願っております。
「アゲイン」開催します!!

橋本芙美プロデューサーのコメント

新たな名曲が誕生したと言っても過言ではないくらい、素晴らしい楽曲をWANIMA さんが作ってくださいました。この曲を聴くと、たちまちテンションが上がってくる、元気が沸いてくる、そんな曲です。「このままでは終わりたくない」という、このドラマのテーマをストレートにド真ん中に据えて、ひよりとおじさまたちがこれから一緒になって向かっていくドラマのうねりをさらに盛り上げてくれる曲であると確信しました。一度聞くと頭から離れなくなる直球なメロディと、魂溢れる歌が、ドラマと共に視聴者の皆様の心をガッツリ掴んでくれること、間違いなしです!

TBS『メゾン・ド・ポリス』公式サイトより引用

『メゾン・ド・ポリス』のシェアハウスの洋館があるロケ地

情報が入り次第お伝えします。

『メゾン・ド・ポリス』のまとめ

2019年冬・1月のTBS系「金曜ドラマ」枠は、『メゾン・ド・ポリス』が放送されることが決定しました

『メゾン・ド・ポリス』は高畑充希と西島秀俊が共演する作品として注目されています。

加藤実秋原作の同名小説『メゾン・ド・ポリス』シリーズの物語が実写化されています。

若い女性刑事とくせ者のおじさま達との絡みが面白そうで楽しみです。