京都府京都市「大原の里」周辺

大原の里は、京都市北部にある集落で、国道367号線の沿線にあります。

三千院や寂光院があることで有名です。

大原の里は、彼岸花畑があるわけではありません。

一面に田畑が広がっている場所なので、高野川沿いの田畑の畔や近くの土手に咲いています。

辺り一面に彼岸花が咲いているというわけではなく、集落のあちこちに咲いている彼岸花を探索するという感じです。

「大長瀬町バス停」付近、「里の駅大原」付近、「大原札の辻バス停」付近、高野川の川辺に多く見られます。

9月中旬から下旬が見頃です。

バスで行く場合は、「大長瀬町」で下車します。

駐車料金500円の民間駐車場があります。

京都府亀岡市曽我部町「穴太寺」付近、「千歳車塚古墳」付近

穴太寺付近の田畑の畔に彼岸花が咲きます。

見頃の時期になると、彼岸花の写真撮影をする人がたくさん集まります。

千歳車塚古墳の周辺の田んぼの畔にも咲きます。

千歳車塚古墳は全長80m、幅45mの前方後円墳です。

その形から車塚と呼ばれるようになったと言われており、国の史跡に指定されています。

9月中旬から下旬が見頃です。

アクセスは、JR亀岡駅よりバス「亀岡運動公園ターミナル」下車徒歩約10分です。

駐車場がないので、交通機関を利用しましょう。