熊谷うちわ祭は、京都八坂神社の祇園祭に習った祭りで、今では関東一の規模になっています。

祭りの名前は、祭りで振る舞う赤飯の代わりに、渋うちわを振る舞ったことに由来しています。

祭りの最終日には、全ての山車や屋台が1箇所に集まる「曳っ合せ叩き合い」が行われ、祭りの最高潮を迎えます。

熊谷うちわ祭2018年の日程・時間・データ

日程・時間

日程:2018年7月20日(金)~22日(日)

時間:初叩き合いは1日目の18:00~、曳っ合せ叩き合いは3日目の20:00~

悪天時

雨天決行

主催

各年の年番町

問い合わせ先

熊谷市観光協会

所在地:熊谷市宮町2丁目95番地

✆048-594-6677

場所

埼玉県熊谷市 おまつり広場・市内各所

アクセス

電車:JR熊谷駅から徒歩5分(お祭り広場)

駐車場

約500台

人出

約75万人

屋台

約300店以上

熊谷うちわ祭の交通規制


熊谷うちわ祭 / Инариский

熊谷うちわ祭は、屋台や山車が通れるように、交通規制が敷かれます。

7月20日:駅西通り商店街13:00~20:00、JR熊谷駅東口・北口周辺18:30~20:00

7月21日:国道17号・お祭り広場周辺13:00~21:00

7月22日:市街地、お祭り広場周辺13:00~22:00 、国道17号18:00~21:00

日頃から熊谷駅、市街地、国道17号を利用している方は、特に注意が必要です。

また、交通規制が行われているところは混雑しやすいので、なるべく車で通らないことをおすすめします。

また、車両通行止めになった区間は、歩行者天国になります。

熊谷うちわ祭の注目ポイント


2007年度うちわ祭最終日 / Norisa1

初叩き合い

全町の山車・屋台が星川通りから北口駅前広場に集結し、そこで叩き合いと呼ばれるお囃子合戦を行います。

提灯に明かりが灯された山車・屋台が横一列に並び、お囃子と一緒に初叩き合いが行われます。

場所:JR熊谷駅北口
時間:18:00~

巡行祭

交通規制で歩行者天国になった国道17号線に10ヶ町の山車・屋台が終結します。

八木橋デパート前の交差点から巡航し、2ヶ町が合流して、お宮参りのために御仮屋へ向かいます。

場所:国道17号
時間:13:00~16:00

巡行叩き合い

巡行祭とは異なり、国道17号線各所で次々と叩き合いを繰り広げながら巡行します。

叩き合いをしながら山車・屋台が合流し、八木橋デパート前で全ての町が揃って叩き合いを行います。

場所この国道17号周辺
時:18:00〜

曳っ合せ叩き合い(ひっあわせたたきあい)

12基の山車・屋台がお祭り広場に集結します。

扇形に整列して叩き合いを行った後、お祭り広場の四方で待機します。

場所:お祭り広場
時間:20:00〜

年番送り

山車・屋台がお祭り広場の四方を取り囲み、年番送りと最後の叩き合いを待ちます。

場所:お祭り広場
時間:21:00〜

熊谷うちわ祭の動画

動画:oha taira