地元の商店や次期経営者、経営者など、若手中心のメンバーで構成されている鴻巣市商工会青年部が無償で運営している大会です。

三尺玉や尺玉300連発などで構成されている鳳凰乱舞(おおとりらんぶ)のほか、2014年にギネス記録として認定された四尺玉など、他では見られない大人気の花火もあります。

こうのす花火大会2018年の日程・時間・データ

2018年の日程・時間

2018年10月13日(土) 18時00分~20時30分

荒天時は翌日に順延

主催

こうのす花火大会実行委員会(鴻巣市商工会青年部)

📞048-543-1634

場所

埼玉県鴻巣市糠田(ぬかた)運動場および荒川河川敷

埼玉県鴻巣市糠田1073-1

アクセス

JR高崎線鴻巣駅から徒歩約30分

関越道東松山ICから約14km

駐車場

あり(収容台数:2000台、料金:1日につき1000円)

所在地:吉見総合運動公園内

住所:埼玉県比企郡吉見町大字今泉141

※会場周辺で交通規制あり

打ち上げ数

約1万5000発超

最大玉号数

40号玉

過去の観衆

約60万人

露店

あり

会場へのアクセスの注意ポイント

会場には鴻巣駅から徒歩かバスを利用します。

利用できる最寄り駅は1つだけなので、近くのお店を利用するなどして、時間をずらす工夫をしましょう。

待ち合わせには、花火会場がある側の巣鴨駅西口か田間宮小学校前がおすすめです。

大会プログラム(過去の例)

第一部

「開幕の宴」から始まります。

鴻巣市商工会青年部による打ち上げ花火が上がります。

第二部

尺玉やスターマインが次々に打ち上げられます。

第三部

最後は「鳳凰乱舞」です。

3号玉600発や5号玉20発が打ち上げられ、エンディングには超特大スターマインが大会を締めくくります。

こうのす花火大会の有料観覧席

糠田メイン会場・糠田メイン会場第2会場

荒川河川敷に設置された有料観覧席です。

花火大会の当日にゆっくりと花火を観賞したい方は、公式ホームページの最新情報を随時チェックして、より見えやすいところを確保しましょう。

有料観覧席チケットの購入方法

糠田メイン会場は、チケットぴあで販売中です。

新糠田メイン会場第2会場は 7/15の 10:00からeプラスで販売開始されます。

協賛席

花火の打ち上げを正面から見られることで人気の特等席です。

この席は、花火に協賛した人だけが利用できます。

料金や席数などの詳細は、公式ホームページで確認しましょう。

花火をベストポジションで観賞したい方は、早めに予約しておきましょう。

こうのす花火大会の穴場スポット

吉見総合運動公園

当日に会場付近で解放される唯一の駐車場です。

河川敷から少し離れていますが、夜景が見渡せて、花火を観賞するのにちょうどよい距離だと感じるかもしれません。

車を駐車する位置や方向によっては、車内からゆっくりと花火を観賞できます。

イベントも開催されるので、花火と一緒に楽しみましょう。

東松山インターチェンジから車で約30分。

御成橋付近

会場から少し離れていますが、ここからでも十分花火を観賞できます。

比較的すいているので、混雑が苦手な方は、ここから花火を見るのがお勧めです。

約5万人収容できるので、チケットを持っていない方も、行ってみる価値はありそうです。

鴻巣駅から徒歩約25分。

田間宮小学校付近

ここは地元民が集まる穴場のスポットです。

最近では、それが知られるようになってきて、人気の穴場スポットになっています。

ですから、早めに行って、場所取りを済ませておきましょう。

巣鴨駅から徒歩約30分。

鴻巣西中学校付近

近くに土手があって、目の前をさえぎるような高い建物がないので、見晴らしもよく、花火がよく見える穴場スポットです。

道の駅「いちごの里よしみ」

打ち上げ場所から少し離れていますが、駐車場は無料で、トイレも完備されているので、車を駐車して、ゆっくりと花火を見られそうです。

食べ物などの販売は17時までなので、それまでに買い物を済ませておきましょう。

年々人気が高まっているので、早めに場所を確保しておきましょう。

会場から7 km あり、最寄り駅が遠いので、アクセスは車を利用します。

 

動画:nnBraviSEAmo