きょうだい順で人の性格が分かる理由とは

相手をよく知ることがコミュニケーションをとる上では大切ですが、きょうだいの性格は生まれてきた順番である程度推測することができます。

きょうだいの生まれた順で性格が異なるのは、親の育て方に原因がある場合があります。

最初に生まれた子は大事に子育てをします。

しかし、2人目以降は親が子育てに慣れて、ある程度余裕が出てきます。

逆に最初に生まれた子には自立を求めるようになります。

最初に生まれた子は親から長男・長女としての役割を押し付けられ、結果的に何にでも慎重で神経質かつ自閉的な性格を持つようになります。

また、親から期待されて、親の願望を押しつけられ、それが負担になって母親に口答えするというケースもあります。

しかし、2人目以降の子を育てるときには、1度子育ての経験をしていることから、ある程度のスキルが身についています。

そして最初に生まれた子を育てた際の経験を生かして子育てをするので、最初に生まれた子ほど干渉しすぎることはありません。

そうすると、2人目以降の子は最初に生まれた子よりものびのびと育ち、最初に生まれた子よりも活発で要領が良い性格になりやすい傾向にあります。

最初に生まれた子からすると、2人目以降の子が甘やかされていると感じるかもしれませんが、2人目以降の子からすると、親に口うるさく躾けられている最初に生まれた子の方が愛情を注がれていると感じるかもしれません。

また、3人目以降に生まれた子になると、親や兄・姉に甘やかされて育つことが多いので、依存心が強くて我儘な性格になりやすい傾向にあります。

最近では、少子化の影響により、一人っ子が増加していますが、一人っ子は長子とし育てられるので、きょうだいの最初に生まれた子と同じような性格になりやすい傾向にあります。

一人っ子と言うと、甘やかされて育つので、わがままな性格になると思われがちですが、必ずしもそうなるとは限りません。

また、一人っ子は、親が自分の近くにいることが当たり前という環境で育つので、他の人と一緒にいたいという親和欲求が強く働く傾向にあります。

最初に生まれた子にも同様の傾向があります。

兄弟の仲が悪くなるメカニズムとは

家族や兄弟は仲が良くて当然という先入観にとらわれていませんか。

兄弟の関係が悪くて悩んでいる人は、初めにこの前提を払拭し、たとえ血が繋がっている兄弟といえども、性格や価値観が同じなわけではないと考えましょう。

そうすれば、少しは気が楽になるはずです。

幼少期の喧嘩は親の愛情を一身に受けたいという理由が大半です。

2人目の子が生まれると、それまで最初に生まれた子に注がれていた愛情が2人目の子に注がれるようになります。

すると、最初に生まれた子は親の愛情を奪われたことに嫉妬して、2人目に生まれた娘に嫌がらせをしたり、親の気を引こうとします。

親の愛情が他の兄弟に奪われるかもしれないという不安から生じる敵対心を心理学ではカイン・コンプレックスと呼んでいます。

これは年齢差が小さい同性の兄弟で発生しやすいといわれています。

兄弟同士の競争心は成長するにつれてなくなっていきますが、まれにそのままの状態で大人になり、疎遠になっている兄弟も存在します。

このような状態を改善させるには、一緒にどこかに行ったり何かをする機会を増やすと良いでしょう。

家族の距離感を最適な状態にする方法

家族は一緒に生活をする身近な存在であるが故に、なんでも知っていると思い込んでしまいがちです。

家族の信頼関係のもとになるのが、信頼や安心感などの感情による結びつきです。

これを心理学ではアタッチメントといいます。

親子が親密な関係になることで、信頼感や安心感を育む愛着は、3歳位までに形成され、それが徐々に絆へと変わっていきます。

とはいえ、この絆は常に一定のものではなく、変化していくので、いつも一緒にいるからといって、普段からコミュニケーションをとらないでいると、親子の距離感の最適なバランスが崩れてしまいます。

例えば、母と子の距離感が近すぎると、父と子の議論に母親が過剰に擁護してしまい、親子の距離感のバランスが崩れてしまいます。

家族は、敵味方という関係ではなく、適度な関係を保って互いに助け合うのが本来の姿と言えるのではないでしょうか。

そのため、家族で適切な距離感を保つには、お互いを理解するために小さなコミニケーションをとっていくことが重要です。

反抗期の有無で成人期の親子関係が決定する

親にとって子供の反抗期は、どのように接していいのか分からなくて悩む時期に当たります。

中には、「このままずっと素直でいてくれたらいいのに」と思っている方もいるでしょう。

反抗期の子供は秘密を持ったり、日記を書いたりして、自分の世界に浸りたがる傾向にあります。

そこに親が介入すると、煩わしく感じて、親に「うるさい」と怒鳴ったりすることがあります。

最近では友達のように仲がいい親子が増えて反抗期を経ないまま、大人になるというケースも増加しています。

しかし、子供が健全に成長するには、反抗期は必要不可欠なものです。

というのも、反抗期は社会で自立するための予行演習になるからです。

また、親に八つ当たりすることが多いのは、どれだけ文句を言っても親なら受け止めてくれるという安心感があるからです。

それにより、親から愛されているという意識を持つようになり、反抗期が過ぎて成人期になると、親孝行するようになります。

子供に反抗期が来たら、子供が成長するための予行演習習だと考えるようにしましょう。

母親は子供に干渉せず自立を促そう

反抗的になると、子供は自分の世界を作って親離れをしていくのですが、親はなかなか子離れすることができません。

なぜなら、母親は子供に期待する傾向があるからです。

夫の将来に期待できないので、子供に期待したいと思い、子供を心配して過剰に干渉してしまうのです。

子供と接する際には、反抗期に限らず、常に見守るという距離感が大切です。

例えば、遊んでいるときに、何でも「あぶないからやめなさい」と言ってしまうと、子供が自立心を養うことができません。

ですから、失敗してから正しい方法を考えさせてあげるようにしましょう。

失敗することによって創造性が培われて、自立を促すことにつながっていきます。

また、子供に自分の価値観を押し付けるのも良くありません。

例えば子供服を着せる際に、自分の趣味を押し付ける母親がいます。

自分と娘を同一視してしまい、自分の趣味を強要しようとするのです。

子供に自分の趣味を一方的に押し付けているのであれば、子供に干渉しすぎず、見守るようにしましょう。

親の養育態度によって子どもの性格が変わる

仲の良い母親と娘のことを最近では友達親子と言うようになっています。

母親に依存しすぎたり、逆に母親が娘に依存して、共依存の関係になっていることが多いようです。

しかし、距離感が近くなりすぎると、家族のバランスが崩れてしまいます。

そこにはお互いに距離が近過ぎるという自覚がありません。

というのも、母親と娘の関係の間で生じた距離感は、当たり前で、普通の事になっているからです。

そうすると、親離れも、子離れもできにくくなってしまいます。

そうなってしまう主な原因は、母親が子供に対して自分が叶えられなかった希望を娘に託すことにより、距離感が近くなってしまったからです。

お互いに依存し合う関係と尊重し合う関係は同じではありません。

いずれはこの距離感を見直すことが必要になってくるので、まずは物理的な距離を置いて、共依存の関係を断ち切るようにしていきましょう。

そうすれば、心理的にも適当な距離感を見つけ出すことができるかもしれません。

父親が娘との関係を再構築する方法

娘が父親に対して愛情や独占欲を持つことによって、母親に対抗心を燃やすことを心理学ではエレクトラ・コンプレックスと呼んでいます。

娘が「大きくなったらお父さんと結婚する」と言うのも、父親を身近な異性として見なしているからです。

このような現象は思春期になると自然に無くなっていきますが、娘は逆に父親を嫌ったり、避けるようになります。

「臭いから近よらないで」と言われるようになったりします。

しかし、これは親子の人間関係を再構築するのに必要なことです。

娘が父親の匂いを嫌うのは、同じDNAを避けようとする近親憎悪があるからです。

それは一時的なものなので、月日が経てば父親の匂いも気にならなくなり、関係も元の状態に戻ります。

一時的に関係を崩して、それを再構築することを心理学ではスクラップ・アンド・ビルドと呼んでいます。

新たな関係を築くために必要なことなのですが、娘との距離を置き続けていると、関係が再構築されることはありません。

見かけたら声をかけたりして、関係を保っていきましょう。

幼少期の子供を上手に育てる方法

「三つ子の魂百まで」という諺にある通り、幼少期の育て方が子供の性格に大きな影響を及ぼします。

また、言葉を話すことができない赤ちゃんは泣くことが多いのですが、これはスキンシップを求める合図の1つです。

この合図を見落として赤ちゃんに不安を与えてしまうと、成長してから子供が人付き合いを苦手としたり、不安を感じるようになるということを知っておきましょう。

2~3歳頃から自我が芽生え、なんにでも駄々をこねる第一次反抗期を迎えます。

そして、子供は成長すると嘘をつくようになりますが、自分を良く見せるために見栄を張ったり、失敗を隠そうとして自分を守ろうとします。

子供が嘘をつくのは自立し始めているからなので、必ずしも悪いことではありません。

状況次第では温かい目で見守ることが大切です。

小学校に入学する頃になると、他の子どもと集団で遊んだり、喧嘩をするようになります。

そこで自分の気持ちを相手に伝えたり、相手の気持ちを推し量るスキルを身につけていきます。

母子分離がうまくいかないとマザコンになる

「家庭を大事にするのは大切だけど、なんでも姑に意見を求めるのは考えもの」と呆れ返っている女性は多いようですが、大半の男性は母親に対して特別な感情を持っています。

マザコンという言葉はマザー・コンプレックスの略語で、和製英語ですが、これにあたる心理学用語には、エディプス・コンプレックスという用語があります。

これは精神分析学者のフロイトによって名付けられたものです。

男児の3~6歳の時期を男根期といいます。

そこで異性に対する関心が芽生え始めます。

また、最も身近な存在である母親に性的な関心を持つようになります。

逆に、父親を邪魔だと感じるようになります。

そこから成長し、思春期になると、子供は母親以外の異性に興味を持つようになりますが、そこで母子分離がうまくできないと、男根期の状態が続き、マザコンになってしまいます。

嫁に対する姑の心理とは

結婚して新しい家庭を築くことは、新たな集団を作っていくことです。

最近では様々な家族形態が受け入れられるようになっていますが、多くの女性が悩んでいるのは姑との接し方です。

核家族化が進み、同居しない家族も増えているため、昔よりも衝突が減っているようですが、それでもどのようにして接していけばいいのか悩んでいる人は少なくありません。

多くの男性が母親に対して特別な感情を持っているので、姑と夫の関係が親密であると、姑は息子が結婚したときに、「大事な息子を妻にとられてしまった」と感じ、嫁姑問題に発展してしまいます。

姑が嫁いびりをする理由は2つあります。

1つは、今までの自分の領域に嫁が踏み込んでくることに不満を抱いてしまうからです。

もう一つは、嫁をライバル視してしまうからです。

息子が新たな家庭を築いたことを喜びつつも、自分が必要とされなくなったことを寂しく思うのです。

また、寂しさを紛らわすために、息子を子供扱いして母親を必要とさせます。

このような姑と上手に付き合うには、姑や夫のやり方を批判せずに教わったり、慕っている姿勢を示してみると良いでしょう。

そうすると、姑は「嫁から慕われている」と感じるようになります。

しかし、最近では、姑が嫁に対して遠慮しているケースも増えてきているようです。

「どうやって新たな関係を築いていけばいいのかわからない」「言いたいことを言って嫌われたくない」などの理由で、積極的にコミニケーションを取らないことが原因のひとつになっています。

今後の人生を家族として一緒に生きていくためにも、良好な人間関係を築くことが大切です。

言いたいことを言わずに我慢していては、相手との距離は縮まりません。

そんなときは、一緒にテレビを見たり、お茶を飲んだりして、同じ行動をするところから始めてみましょう。