お彼岸におはぎをお供えする理由

春のお彼岸にぼたもち、秋のお彼岸におはぎをお供えするのは、春には種をまいて食物の成長を願う季節とされ、秋は食物の収穫をする季節とされていたため、この時期に小豆を使った食べ物をお供えして、ご先祖様に感謝したり、食べたりすることが自然への祈りや感謝に深く結びつくと考えられていたからです。

また、小豆の赤い色に魔除けの効果があると古くから信じられていたため、邪気を払うための食べ物としてご先祖様にお供えされていました。

古来より日本人は、ご先祖様に通じる特別な期間としてお彼岸に魔除けの小豆高級な砂糖を使っておはぎを作り、感謝の気持ちとともに様々な祈りや願いを捧げていたのでしょう。

お彼岸のおはぎはいつ食べる?その由来は?

お彼岸には、墓参りをして供養し、おはぎをお供えします。

お彼岸でお供えをした後に、そのおはぎを食べますが、お彼岸には七日間という期間があります。

ではそのお供えしたおはぎはいつ食べればいいのでしょうか。

お彼岸の中日である秋分の日におはぎを食べるのが御先祖様へのお供え物としてふさわしいと言えるでしょう。

とは言え、それ以上にご先祖様に対する感謝の気持ちが大切です。

ですから、お彼岸の一日目にお供えして、おはぎは傷んでしまうようであれば、お彼岸の中日の前に食べても構いません。

つまり、基本的にはお彼岸のおはぎは七日間という期間内であればいつ食べてもいいのです。

なぜ秋のお彼岸はおはぎで春のお彼岸はぼたもちなの?

おはぎとぼたもちは小豆ともち米で作られている食べ物ですが、食べる時期が異なるために呼び名が違うものになっているのです。

秋のお彼岸にお供えするおはぎは、小豆の粒を秋に咲く萩の花に見立ててあります。

小豆は秋に収穫され、取れたてのものが使えるので、皮ごと使えるつぶあんにされます。

一方、春のお彼岸にお供えするぼたもちは、小豆の粒を春の季節に咲く牡丹の花に見立ててあります。

小豆は秋に収穫されて、春の彼岸の頃には皮が硬くなっているので、皮が捨てられてこしあんにされるのです。

とは言え、今では春のお彼岸も秋のお彼岸もおはぎを販売しているお店が増えているようです。