中秋の名月(十五夜)の由来

中国、タイ、シンガポールなどにも中秋祭はあります。

色鮮やかなちょうちんを飾ったり、ご馳走や団子を食べます。

中国は宗教上でも月を大切にするので、日本よりさらに盛大に行われます。

中国では、唐の時代から旧暦8月15日を中秋節と呼び、月見の宴を開いていました。

そんな中国の文化と日本の古来からある祭りが融合し、中秋の名月と言う祭事が行われるようになったと考えられています。

中秋の名月の祭事が中国から日本に伝わり、平安朝以降に貴族の間で催されるようになりました。

秋の夜空に現れる満月が1年で最も美しく、明るく見えるといわれ、旧暦8月15日にお月見をする習慣ができました。

江戸時代になると、庶民の間にも普及し、次第に現在の形に変化していきました。

藁を着て踊ったり、藁の棒で地面を叩いて畑にお礼をしたり、満月の下で地引き網をするなど、日本でも地域によって様々な祭りがあります。

中秋の名月(十五夜)はいつ?

旧暦では7月から9月が秋で、旧暦7月を初秋、旧暦8月を仲秋、旧暦9月を晩秋としていました。

仲秋は旧暦8月の全体を指しますが、中秋は秋全体の中日を意味しているので、旧暦8月15日のみを指しています。

現在では旧暦とは暦の数え方が異なるので、年によって十五夜の日が変わりますが、ほぼ9月の中旬から10月の上旬に当たります。

稲穂の代わりにススキを飾る

旧暦では月の満ち欠けなどを用いて暦を計算していたため、人々の生活は月と密接につながっていました。

中でも農作業では満月を豊穣の象徴とし、秋の収穫に感謝の意を込めて豆や芋などの収穫物を月に備えていました。

この時期は稲穂に穂が実る前の時期であるため、稲穂の代わりに穂の出たススキを飾ったと言われています。

中秋の名月(十五夜)に団子をお供えする理由

電気が通っていない時代は、月の明かりがとても貴重なものでした。

そのため、お月様に感謝し、中秋の名月に収穫した取り立ての米を使って月を模したお団子を作り、備えるようになったと言われています。