ハロウィンのかぼちゃの起源・由来と理由は?

ハロウィンは古代ケルトの収穫祭が起源でした。

古代ケルト人の習わしでは、11月1日が新年の始まりで、10月31日はその前夜に当たります。

日本の大晦日に相当する10月31日は収穫祭で、秋の収穫を祝うお祭りですが、死者の魂が戻ってくる日でもありました。

この日は身内や親しかった人の魂だけではなく、悪霊たちも一緒にやってくると考えられていました。

そのときハロウィンにやってくる悪霊対策として使うのがかぼちゃの提灯です。

ハロウィンは、古代ケルト発祥で、秋の収穫や悪魔祓いの儀式として行われていましたが、当初はかぼちゃではなく、かぶを使っていました。

しかし、ハロウィンがアメリカに伝わった際に当時のアメリカは、かぶにあまり馴染みがなかったため、代わりにたくさん取れていたかぼちゃを使うようになりました。

悪霊から子どもや家畜などを守るために、かぼちゃをくりぬいた怖い顔に火を灯せば、魔除けになると考えました。

そして、アメリカで広まったかぼちゃの提灯が世界中に広まったため、かぼちゃがハロウィンのシンボルのようになっていきました。

かぼちゃの提灯は、ジャック・オー・ランタンと呼ばれています。

ハロウィンのかぼちゃの名前は?

ハロウィンのかぼちゃの名前はジャック・オー・ランタンです。

かぼちゃのお化けもかぼちゃの提灯と同じ名前です。

吊り下げ式のランタン(提灯)を持つ男という意味で、提灯ジャックとも呼ばれます。

この名前はアイルランドの伝説に由来しています。

むかしむかし、アイルランドのある所にずる賢いジャックという男が、悪魔を騙して自分を地獄に落とさないと約束させてしまいました。

やがてジャックに寿命が尽きる日がやってきました。

ジャックはいつも嘘ばかりついていたため、死後に天国に行くことを許されませんでした。

天国に行けないジャックは、仕方なく地獄へと向かいます。

しかし、ジャックは生前、悪魔を騙して自分を地獄に落とさないと約束させていたため、悪魔から地獄に行くことも許されませんでした。

天国にも地獄にも行けなくなったジャックは、明かりを灯したランタンを持ちながら、この世とあの世をさまよい続けることになりました。

ハロウィンのカボチャの種類は?

ハロウィンに飾るかぼちゃは、主にオレンジ色の品種のものが使われますが、そのほとんどがペポかぼちゃです。

ペポかぼちゃは味が淡泊なので日本人の口には合わず、日本では基本的に1部を除いて園芸作物として利用されてきました。

そのため、おもちゃカボチャと呼ばれることもあります。

しかし、オーストラリアでは種油をサラダ油として利用したり、ヨーロッパでは種を医薬品や健康食品にして利用している国もあります。