お盆の法事にはどんな意味があるの?

お盆は旧暦7月15日前後に行われる先祖の霊をまつる仏教の行事です。

現在でも新暦の7月に行う地域もありますが、 7月はまだ農作業が忙しい時期なので、 1ヶ月後の8月13日~16日に行う地域が多くなっています

お盆が始まる13日の夕方には、門前で迎え火を焚きます。

ご先祖様が帰ってこれるように、迎え火には苧殻(おがら)と呼ばれる麻の皮を剥ぎ取った茎を燃やして、それを道標にします。

お盆の間は仏壇の前や門前に盆棚(精霊棚)を臨時に作り、季節の果物や野菜、花、精霊馬というキュウリで作った馬、精霊牛というナスで作った牛などを飾ったりして供養します。

ご先祖様はこの馬に乗ってこの世に戻り、帰りは牛に荷物を載せて帰っていくとされています。

そのため、お迎えのときは内側に向けておき、帰るときは外側に向けておくようにするといわれています。

お盆は、正式には「盂蘭盆会(うらぼんえ)」といい、インドのサンスクリット(古代インドの言語)のウランバナに由来しています。

もともとは、お釈迦様の教えによって、その弟子の母が餓鬼道から救われたという言い伝えから生まれた行事です。

それが日本に伝来し、日本古来の祖先信仰と合わさって、この日に供養をすると、過去7代の父母の霊が救われ、現在の父母や一家の幸せを祈ることにもなるとされているのがお盆なのです。

特に、その年に新仏(にいぼとけ)が出た家は新盆(にいぼん)にあたるので、僧侶を招いて読経してもらい、供養します。

16日には送り火を焚いて、霊を送り出します。

送り火は祖先の霊が帰れるように、帰り道を明るく照らして送り出すために行われます。

京都の大文字焼きも、供養を受けた精霊が浄土へ帰って行くために行われるかがり火です。

また、お供え物を川や海に流したり、灯籠にろうそくの火をつけて流す精霊流しをするのは、精霊がそれに乗って川から海へ行き、そこからあの世に行くと考えられているからです。

お墓参りの手順

お盆や春と秋のお彼岸にはお墓参りをする習慣があります。

彼岸はもともと、現世の向こう岸の世界という意味ですが、現在では、彼岸は祖先の供養で寺参りや墓参りをする日になっています。

供養とは、祖先の霊に野菜や果物、お花などをお供えして、亡くなった人のあの世での幸せ(冥福)を祈ることです。

そんな供養をするのがお墓参りです。

墓地へ行く前に本堂に上がって、僧侶に挨拶をするような場合は、気持ち程度の菓子折やお供物料(おくもつりょう)などを持参します。

霊園の管理者がいるところでは、そちらにも挨拶します。

墓地へ向かう前には、お寺や管理事務所に用意してある手桶で水を汲みます。

お墓の清掃用具を借りることができる場合は、それを利用します。

それとは別に前もって軍手を持参しておくと、お墓を掃除する際に役立ちます。

お墓に着いたら、まず手を合わせてから掃除を始めます。

掃除の手順はお墓の状況によって変わりますが、墓石に水をかけて汚れを洗い流したら、持参した雑巾やタオルなどで拭き取ります。

墓石に刻まれている文字の汚れは、歯ブラシできれいに落とすことができます。

最後にゴミはゴミ袋に入れて所定の場所に持って行きます。

掃除が終わったら、お花や線香をお供えしてお参りします。

そして、墓石にひしゃくで水をかけます。
これは、ご先祖様に喉の渇きを癒やしてもらうという意味があるからです。

お酒は少量ならかけてもかまいませんが、大量にかけると墓石を傷める可能性があります。

故人を偲びつつお墓の周りにお酒を注ぐという供養の仕方もあります。

お供えするお菓子などは半紙を用意しておいて、その上にのせます。

帰る前に、特に風が強い場合は、火の始末に注意が必要です。

お供え物は持ち帰るのが一般的なマナーです。

カラスなどの野鳥や野犬に食い散らかされるのを未然に防いで、墓地の環境を清潔にしておくためです。

仏壇に手を合わせる手順

仏壇は、最も古い物が法隆寺の玉虫厨子で、その後、中世になって経済力のある者が私宅の中に仏間を作り、仏像を安置したことが起源とされています。

江戸時代になって、寺院の仏壇を模倣した小型の厨子のような形のものが民間に広まりました。

現在一般的になっている三段の仏壇では、宗派による違いがあるものの、はとんどは上段に本尊と位牌、中段に、仏飯器、茶湯器、高坏があります。

お参りによく使われる線香立て、花立て、香炉、燭台、リンといった仏具類は、1番手前に置きますが、これらの置き方に決まりがある宗派もあります。

礼拝は正式には朝と夕方の二度行います。

まず初めにマッチでろうそくに火をつけます。

この明かりで祖先の霊や仏様の目が覚めるとされていますが、ろうそくの火には周囲を浄化する作用があるとされています。

マッチの火は香炉にさしたり、口で吹いて消してはいけません。

仏具のマッチ消しがあるので、それを用意しておきたいものです。

次に、ろうそくで線香に火をつけて、香炉に立てます。

浄土宗、浄土真宗などの場合は、立てずに寝かせます。

「仏様に線香をあげる」といわれることがありますが、線香をあげること自体が焼香と同じなので、仏様を拝むということになるのです。

線香は1本または3本が一般的で、線香の煙は「仏様を煙にのせてお連れする」とされています。

線香の香りには古くから霊威(不思議な威力)が宿っていると信じられてきました。

線香をあげたら、次にリンの外側ではなく、内側を静かに2つ打って、合掌してからお経を唱えます。

合掌は指先をそろえて、手首は胸のみぞおちの前の高さに置き、前方につきだしたりせずにするのが合掌の作法です。

合掌のあとにもう一度リンを2つ打って、深く礼をしてからろうそくの火を手で仰いで消し、軽く礼をしてお参りを終わります。