グラノーラはダイエットに効果的?

グラノーラは糖質が多い食品です。

糖質を過剰摂取すると血糖値が高くなるので、血糖値を下げるためにインスリンというホルモンが分泌されます。

体内に取り込まれた糖がエネルギーとして使われなければ、脂肪になって蓄積します。

グラノーラは美味しくて、食物繊維や栄養が豊富で、腹持ちが良かったり、フルーツが取れるのですが、グラノーラだけ食べてもダイエットにはなりません。

摂取カロリーが消費カロリーを上回れば太りますし、下回れば痩せます。

ダイエット中に注意しなければならないことの1つに、糖質と脂質を一緒に取らないようにするということがあります。

これは、インスリンの分泌によって、脂質が糖質に切り替わるためです。

ダイエット中は、それをなるべく減らすことが大切です。

グラノーラは糖質がたくさん入っています。

グラノーラを牛乳と一緒にとってしまうと、牛乳にも脂質があるので、糖質と脂質を同時にとってしまうことになり、脂肪が増えやすくなってしまいます。

グラノーラを置き換えとして摂る場合、カロリーの範囲内で計算して食べるのであれば問題ありませんが、糖質と脂質が含まれていることは知っておきましょう。

牛乳と一緒に取る場合は、なるべく脂質がつかないようにするために、無脂肪牛乳で食べた方がいいです。

また、食べるとしても、1日1回だけにしておきましょう。

とは言え、ダイエット中は糖質制限をして、タンパク質中心の食生活になるので、糖質の多いグラノーラはあまり食べないようにして、増量期に食べるようにしましょう。

成分だけを考えると、野菜サラダやマルチビタミンサプリを食べる方が栄養が取れて、低カロリーです。

その分だけ他のものが食べられると考えると、減量期にはあまりグラノーラを食べない方がいいです。

フルーツグラノーラはダイエットに適さない

脂質を控えたとしても、フルーツグラノーラは糖分がかなり多いので、ダイエットには適しません。

そのため、フルーツグラノーラをご飯に切り替えるだけでも痩せやすくなります。

運動をしている場合は、糖質を控えてタンパク質をしっかりとれば筋肉がついて脂肪が燃焼されます。

タンパク質が豊富な豆乳を飲んだり、豆腐や納豆を積極的に摂るようにするといいです。

完食する場合は、チーズやナッツ類がお勧めです。

グラノーラは菓子パンよりはマシ

グラノーラは朝に菓子パンを食べるよりはだいぶマシです。

砂糖や果糖は中性脂肪になりやすく、メタボ、高脂血症、シワ、着色、精神不調を起こしやすくなります。

また、グラノーラはダイエットより便秘解消に効きます。

3食の食事に甘いものを食べるのは、一般的には難しいので、小腹が空いた時に、お菓子の代わりとして食べるといいです。

ダイエットをする場合は、フルーツグラノーラの成分を見て納得できれば食べてもいいのですが、カロリー、砂糖、炭水化物(脂質)が気になる場合は食べない方がいいです。

菓子パンは、中のクリームや餡を捨てて食べると、かなりカロリーを減らせます。

最終的には、摂取カロリーよりも消費カロリーが高くなればいいので、その中で極端に偏らないようにして、自由に食べれば問題ありません。