お盆の期間はいつからいつまで?迎え盆・送り盆・盂蘭盆会とは

正月と同様に、お盆もまた死者の霊のためにある行事です。

祖先の霊が帰ってくるといわれていて、多くの人々が故郷に戻って墓参りをします。

お盆が始まる8月13日の迎え盆では、夏野菜のキュウリを馬に見立てた精霊馬やナスを牛に見立てた精霊牛を作って、飾りにします。

降りてきた霊はこの馬に宿り、同時に迎え火を炊いて、祖先を供養します。

このお盆は、正式には盂蘭盆会(うらぼんえ)と読みます。

サンスクリット語のウランバナが語源といわれています。

ウランバナの意味は、「餓鬼道に落ちて逆さ吊りにされ、苦しんでもがいていること」だそうです。

お釈迦様の弟子の中の1人である目蓮は、自分の母親が死後にその餓鬼道地獄行きになり、逆さ吊りにされて飢えている様子を、超能力を使って察知しました。

そこで、なんとか母親を救ってやりたいとお釈迦様に相談すると、お釈迦様は「 7月15日(現在の8月15日)に、僧侶たちにお布施をして食事を差し出すこと。そして、その一部は母の口に入り、苦しみから解放されるだろう」と答えました。

日蓮は言われた通りに僧侶たちを歓待すると、母親は地獄から助け出されました。

お盆は、この地獄に堕ちた死者を救った故事に由来しています。

現在でもお寺では、お盆に「施餓鬼供養(せがきくよう)」という法会(ほうえ)を行うところが多いです。

こうして救われた死者は、あまりの嬉しさに踊りだしたといいます。

これが盆踊りの起源です。

櫓(やぐら)の周りを輪になって踊る姿は、死者の葬列を意味しています。

福島県いわき市やその周辺には、盆踊りの原型のような行事が残っています。

お盆のいわき名物にもなっていて、「じゃんがら念仏踊り」と呼ばれています。

1年以内に亡くなった人がいる新盆を迎えた家などを巡り、太鼓や鉦とともに祈りの念仏を唱えて踊ります。

夏には全国各地で花火大会が開催されますが、これも死者を慰めるために始まったものです。

夏に花火をすることが多いのは、お盆にちなんでいるからです。

肝試しや心霊関連のテレビ番組が夏の定番になっているのも、無数の霊が地上に存在している季節だからです。

心霊現象に遭遇した報告や霊の目撃情報が多い季節も、やはり夏です。

お盆が終わるのは8月16日の送り盆です。

送り火を叩いて、祖先の魂をあの世に返します。

地域によっては、 霊が宿っている精霊馬を早馬に見立てることがあるといわれています。

霊に居座られるのは怖いので、お盆が終わったら、早く帰ってもらいたいという人々の気持ちがあるのかもしれません。

また、お供え物である精霊馬をお盆の期間に食べてしまうと、霊と一緒にあの世に連れていかれるという言い伝えもあるようです。

なぜお盆に花火大会が行われるようになったの?

夜空を鮮やかに彩る花火はなぜ、夏のものなのでしょうか。

今では、浴衣姿で花火大会に出かける姿は、すっかり夏の風物詩になりましたが、なぜ他の季節には花火大会を行わないのでしょうか。

それにはお盆が関係しています。

先祖の霊があの世から帰ってくるときには迎え火を焚き、お盆の終わりには祖先を霊界に返すために送り火を焚きます。

どちらも家の軒先や門前で行いますが、それよりも遙かに大きなものがあります。

それが全国的にも有名な大文字焼きです。

この儀式は、山に松明を並べて「大」の字の形を描くもので、栃木県佐野市、神奈川県相模原市、京都などで行われています。

京都の場合、正式には五山送り火といいますが、これはその名の通り送り火の1種です。

火は人類が誕生したときから崇拝や恐れの対象なので、霊の送り迎えには欠かすことができないものです。

そんな理由があるので、夏場のお盆に花火をするのです。

花火は中国で6世紀頃に発明さえた火薬に由来しています。

初めは兵器として使われた道具が技術の進歩によって様々な色や表現を出せるようになり、娯楽にも使われるようになりました。

花火が日本に伝来したのは16世紀頃といわれています。

その後、江戸時代の1732年に瀬戸内海周辺で享保の大飢饉が起こり、約100万人が亡くなったといわれています。

同年に、江戸では疫病コロリ(コレラ)が発生し、日本中で多くの人々が亡くなりました。

そんな状況を重く見た8代将軍徳川吉宗は、この年の夏に両国で行われる納涼祭という川開きのときに、疫病の退散と慰霊のために花火を打ち上げました。

これが毎年大勢の観衆で賑わう隅田川花火大会の起源です。

当時はコレラだけでなく、様々な疫病が発生しました。

ウイルスや細菌が繁殖しやすい夏場に、毎年流行していたので、病気で倒れた人々を花火で慰めて、あの世に送っていました。

こうして花火がお盆と結びつき、夏を連想させるものになりました。

江戸時代には、玉屋と鍵屋という2つの花火屋がしのぎを削っていました。

花火が夜空で開くときの「かぎや」「たまや」というかけ声のもとになった業者です。

しかし、1843年に玉屋は火事を起こしてしまいます。

木造建築が立ち並ぶ大都市の江戸で火事を起こすことは、重罪です。

それで、玉屋は財産を没収され、江戸払いという追放の刑を科されました。

その一方で、鍵屋は現代の15代まで花火師の伝統を連綿と受け継いでいます。