落語家の三遊亭円楽さんが9月28日に、所属事務所オフィスまめかなの公式サイトで、初期の肺癌と診断されたことを発表しました。

主治医の判断により、手術を受けるそうです。

所属事務所の公式ホームページでの発表によると、円楽さんは「公演を楽しみにお待ちくださっているお客様、また関係者の皆様には、多大なるご迷惑をおかけいたしますこと、心よりお詫び申し上げます」と謝罪しました。

さらに、「根治を目指して治療し、皆様の元へは退院後すぐに帰ってまいります。これまでと変わらず、毎日お仕事させていただきます」と早期の復帰を目指しているそうです。

10月4日に入院し、10月11日には退院する予定で、入院直前まで仕事を行うそうです。

10月4日~11日の治療期間に開催される公演はすべて休演しますが、所属事務所によると、各公演は出演者を変更し予定通り開催されるそうです。

仕事に復帰するのは同10月12日からで、横浜にぎわい座の高座で復帰するそうです。

日本テレビによると、円楽がレギュラー出演している笑点は、今のところ休まないとのことです。

所属事務所の植野佳奈社長は公式ホームページで、「著名な方のがんについてのニュース等を目にすることが多い昨今、まさに、他人事ではないということを、円楽本人も、事務所関係者も、身に染みて感じました。」と円楽さんを心配し、「主治医の先生とともに、円楽のこれからの落語家人生を、弊社一丸となってバックアップしてまいります。どうか、皆様も、日ごろからご自身の体について関心を持ち、チェックを怠らないようにして頂きたく存じます。健康に長生きしましょう!」と落語ファンにも健康への配慮を呼びかけています。

円楽さん自身が「静かに治療に専念したい」と希望しているため、取材には応じないそうです。

三遊亭 円楽(さんゆうてい・えんらく)のプロフィール

本名:会泰通(あい・やすみち)

生年月日:1950年2月8日

出生地:東京・両国生

年齢:68歳

学歴:青山学院大学法学部卒業

青山学院大学在学中に5代目円楽からスカウトされ、70年4月に入門し、楽太郎と名乗りました。

前座修行をしつつ同大学を卒業し、77年から27歳で笑点の大喜利メンバーになりました。

81年に真打ちに昇進し、2010年3月には6代目円楽を襲名しています。

肺癌とは

肺癌は肺に発生する上皮細胞由来の悪性腫瘍です。

90%以上が気管支原性癌、つまり気管支、細気管支あるいは末梢肺由来の癌です。

国際肺癌学会によると、肺癌は世界的に最も致死的な癌としています。

その理由の1つは、多くのケースで発見が遅すぎて効果的な治療を行うことができないことにあります。

早期に発見された場合は、手術や放射線治療によってほとんどのケースで治癒することができます。

2012年には全世界での死亡患者数は159万人になり、主な原因にはタバコが挙げられます。

一般的な症状は、血痰、慢性的な激しい咳、喘鳴(ぜんめい)、胸痛、体重減少、食欲不振、息切れなどですが、進行するまでは無症状であることがほとんどです。

肺癌の原因

肺癌の最大の原因は喫煙です。

喫煙し始める年齢が低ければ肺癌になる可能性が高まり、自分が喫煙しなくても周りの人が喫煙すれと肺癌になる可能性が20~30%高くなると言われています。

1日あたりに喫煙するタバコの本数と、喫煙している年数をかけ合せた数字(喫煙指数)が600以上の人は、肺癌の発症率が高くなります。

喫煙者が肺癌で死亡するリスクは非喫煙者の4倍から5倍です。

喫煙量が1日あたり20本以上なら10倍以上になります。

前述した通り、喫煙開始年齢が低いとさらに発症率が高まります。

Wikipedia肺癌

ドッグや健診で癌が見つかったのかもしれません。

肺癌は多くのケースで発見が遅すぎて効果的な治療を行うことができないそうですが、治療できる段階で発見できて良かったです。

やはり定期的な身体検査は大事ですね。

治療が住んだら病気も笑いのネタにできるかもしれません。

復帰後の活躍を楽しみにしています。