夏本番が迫ってくる7月の下旬には、街中の至る所でうなぎフェアが催されます。

「土用の丑の日はうなぎの日」そんなキャッチコピーをよく見かけます。

確かに栄養満点のうなぎを食べると、暑い夏に向けてスタミナがつくかもしれません。

ビタミンやミネラルが豊富で、夏バテや疲労回復に効果があるとされています。

しかし、他にも栄養たっぷりで精のつく食べ物はいくらでもあります。

高価で庶民には手が出しにくいし、蒲焼きにすると味が濃くてあまり夏場に食べたいという気にもなりません。

それに、うなぎの旬は本来、冬です。

では、なぜ土用の丑の日にうなぎなのでしょうか。

うなぎはいつから食べられていたの?

「万葉集」の大友家持の和歌の中に、家持が夏痩せした人にうなぎを勧めている記述があります。

このことから、平安時代までには、美味しいからうなぎを食べるのではなく、健康回復のために食べていたことがわかります。

また、真夏の土用の丑の日に水浴びをすると病気を防げるという俗信が残っている地方もあります。

そして、土用の丑の日にうなぎを食べる習慣も全国各地に残っています。

土用の丑の日の意味と由来

土用は中国の陰陽五行説から来ています。

五行とは木、火、土、水、金の5つですが、中国ではこの五行に春夏秋冬の四季をあてはめようとしました。

もちろん、四季は五行にすんなりあてはまりません。

そのため、四季に木、火、金、水をあてて、各季節の終わりの18日を土としました。

これが土用です。

土用は春夏秋冬の各季節に1度、18日ずつあるので、土用の丑の日も本来は1年に何日もあるのですが、現在では夏場にあたる立秋の前の土用にだけ行事を行い、特別なものを食べる風習が残っています。

立秋前の18日間の土用は、1年の中でも特に暑い時期なので、江戸時代には、この間の丑の日(7月28日前後)を特に土用の丑の日として重視し、この日にお灸をすえたり、薬草を入れた風呂に入ったりすると、夏バテや病気・疲労回復などに効果があるとされていました。

また、丑の日にちなんで「う」の付く食べ物、例えばうなぎ、うり、梅干しなどを食べると体に良いと信じられていました。

土用の丑の日の丑は、十二支から来ています。

曆には十干と十二支を組み合わせた干支というものがあります。

十干のはじめの甲と十二支のはじめの子の組み合わせの甲子から、それぞれの最後の組み合わせの「癸亥(みずのとい)」までの六十干支が1年365日にあてはめられます。

土用に行われる行事

土用の行事には「土用干し」があります。

梅雨の季節が終わり、日光に恵まれる土用の間に箪笥(たんす)にしまってある衣類を天日に干すのが土用干しです。

衣類に虫やカビがつくのを防ぐためですが、中でも絹は土用干ししないと腐るとされており、染め直しもきかなくなるといわれています。

また、漬けている梅干しの土用干しも行われます。

梅雨の時期に漬けておいた梅干しを土用に出して天日に干します。

これが美味しい梅干に仕上げる決め手になるようです。

さらに、稲を植えた田んぼも干されます。

これは土用干しとも中干しとも呼ばれます。

この暑い時期に田んぼの水を抜いて、土にひびが入るくらいまで干し上げることによって、稲は水を欲しがって根を強く張り、肥料をよく吸い上げるようになるとされています。

中には「薬草摘み」を土用の行事として行っている地域もあります。

土用の時期に薬効成分の量が最も豊富になる薬草が多いため、このような行事ができたと思われますが、佐賀県大和町では「ゲンノショウコの土用干し」といって、土用にゲンノショウコという多年草を摘んで乾燥させて、保存しておく風習があります。

うなぎの蒲焼きの由来

蒲焼きに関しては、東と西で焼き方が全然違います。

関東では「江戸の背開き」といわれるように、背開きにして2つから3つに切り分けてから竹串を打ち、はじめに皮から焼きます。

この白焼きを蒸して余分な油を落としてから、タレをつけてもう一度焼きます。

一方、関西では「京阪の腹開き」といって、うなぎを腹から開き、頭、背びれ、尾ひれが付いたまま金串に刺して焼きます。

蒸さずに白焼きからタレをつけて焼くのが関東との最も大きな違いです。

蒲焼きの名の由来はいくつかあります。

1つは「樺焼き」が語源になっているという説です。

これはうなぎを焼くと白樺の木の皮のような色になるため、樺焼きと呼ばれ、それが蒲焼きに転じたというものです。

もう一つは、以前はうなぎを裂かずにそのまま焼いていたらしく、その形が蒲の穂に似ていることから「がまやき」となり、それが蒲焼きに転じたという説です。

ちなみに、関西では「まむし」といいますが、これは蒲焼きをご飯の間に入れて間で蒸す、つまり「間蒸す」というところから付いた名といわれる説と、ご飯と蒲焼きを「まぶす」ため「まぶし」と呼ばれ、それがまむしに転じたといわれる説があります。

土用の丑の日にうなぎを食べる由来

土用の丑の日にうなぎを食べる習慣が起こったのはいつなのでしょうか。

江戸の風俗について「明和誌」(1822)には「安永・天命の頃より」と記述されています。

また、文政7年に刊行された「江戸買物独案内」には神田和泉町の「春木屋善兵衛」といううなぎ屋の話が載っています。

そこに、殿様から1日で焼ききれないほどの多数のうなぎの注文が来て、うなぎ屋は土用の子の日と丑の日、寅の日と3日間かけてうなぎを焼き、それぞれを分けて床下に保存しておきました。

そして、うなぎをおさめるときがきて、うなぎを出してみると、丑の日に焼いたうなぎだけが傷んでいなかったそうです。

そこから真夏でもいたまない土用の丑のうなぎを食べて、暑い夏を乗り切ろうということになったとされています。

その一方で、平賀源内のコピー説というのもあります。

蘭学者にして発明家、さらにはコピーライターでもあり、江戸時代の中期に活躍した平賀源内は、あるとき、夏にうなぎが売れず、商売に詰まったうなぎ屋から、もっと商売が良くなる方法はないかと相談されました。

平賀源内は、土用の丑の日の「う」にちなんで、「う」のつくものを食べると身体に良く、夏を乗り切れるという故事に注目しました。

うどん、梅干し、うさぎ、牛、馬、うり科の野菜(スイカやキュウリ)など。

この中にうなぎも追加しようとしたのです。

そこで平賀源内は「今日は土用の丑の日、うなぎの日」と大きく書いた看板を店頭に掲げてみたところ、江戸っ子達から注目されるようになり、そのうなぎ屋が大繁盛し、他の店も見えるようになっていきました。

こうしてうなぎは土用の丑の日の代名詞のような存在となり、土用の丑の日にうなぎを食べるようになったとされています。

これを江戸時代のステルス・マーケティングと呼ぶ人もいます。

実際に、平賀源内は餅や歯磨き粉の広告を手がけていたこともあり、江戸庶民の消費意欲を刺激する術に長けていたといわれています。

現代のクリスマス、バレンタイン、ハロウィン、恵方巻き等のように巧みな宣伝で新しい習慣を作り、利益に結びつけていたのです。

こうした商品やイベントからはどこか作為的な匂いがしますが、往時のうなぎも同様だったのかもしれません。

平賀源内が江戸っ子達に猛暑の土用の丑の日を意識させて、「精が付くうなぎでも食うか」と思わせたというわけです。

ただ、中にはうなぎを食べることを禁忌する地方もあります。

鹿児島県大島郡古仁屋勝浦の泉では、うなぎが神秘な神の使いとして考えられているため、捕獲が禁止されています。

宮城県本吉郡では、うなぎが「雲南さま」とされていて、食べることが禁止されているようです。

仏教の真言宗の虚空蔵信仰のために、丑寅生まれの人は守本尊が虚空蔵菩薩なのでうなぎを食べてはいけないという俗習もありました。

これらの禁忌は土用の丑の日にうなぎを食べる習慣とは真逆のようですが、このようにうなぎを神聖化することによって、うなぎの効能が人々にとって価値のあるものとして刻まれていく効果もあるのかもしれません。