恵比寿講は年2回行われる恵比寿様のお祭りの日

恵比寿講という名で知られている恵比寿様の祭りは、江戸時代に盛大に行われるようになったものです。

それは恵比寿様という別名で呼ばれている蛭児(ひるこ)の神と事代主命(ことしろぬしのかみ)という2系統の神が、福の神として信仰されていたからです。

江戸時代の商家の多くは、恵比寿神社の祭りの日に、商売繁盛を祈念して、それぞれの家で恵比寿様を祭る恵比寿講という行事を開いていました。

恵比寿様とは、海の果てから訪ねてくる神を指す言葉です。

日本神話には、事代主命が船で海の果てに向かったという話と、蛭子が葦船(あしぶね)で海に流されたという話があります。

そのため、蛭子をまつる神社も、事代主命をまつる神社も、自社の神の別名を恵比寿様として、恵比寿神社と名乗ったのです。

全国各地の恵比寿神社では、年に2度、大きなお祭りが開かれます。

毎年1月20日と10月20日に行われ、夷講、恵美寿講、二十日恵比寿などとも呼ばれたりします。

1月10日や 12月8日に行う地域があったり、10月20日を「商人えびす」、12月8日を「百姓えびす」といったりしています。

古くからある商家の多くは、家の中で鯛を抱えて楽しそうに笑っている恵比寿様の像をまつっています。

べったら市と十日戎とは

10月19日と20日の日本橋のベったら市は、東京名物の1つとされています。

宝田恵比寿神社のあたりに市が立ち、そこに「べったら漬け」と呼ばれる浅漬け大根を売る店が多く出展します。

この市はもともとは、各家の恵比寿講のための恵比寿像やお供え物を売るものでした。

ところが、そこに出店したべったら漬けの露店が評判になったので、べったら市という名前ができました。

関西では、1月10日を十日戎(とおかえびす)といって、大阪の商人が仲間を紹介して祝宴を催したり、恵比寿様と縁が深いといわれている兵庫県の西宮神宮今宮戎神社に、初詣をする習わしがあります。

商家の恵比寿講は、恵比寿像を見て、常に恵比寿様のような笑顔で仕事に臨もうという決意を固めるものでもありました。

日本では、よい仕事をするには、人と人との和が欠かせないとする考えがあったからです。

恵比寿講が行われる日は、笹が1年中枯れないので、商売繁盛をもたらす縁起物として、笹の飾り物が飛ぶように売れるそうです。

七福神の一神である恵比須さまは、商売繁盛だけでなく、農村では「かまどの神」や「田の神」として、漁村では豊漁をもたらす神として、古くから信仰されていました。

関東では、田の神として信仰されており、恵比寿様に田植えの後の苗を供えたり、稲刈りのあとの稲を供えたりしていました。