子供は早生まれの場合、七五三をいつすればいいのか疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

特に1月から3月に生まれた子供は、一般的には早生まれと言われますが、その場合、いつ七五三をすればいいのか迷ってしまいますね。

早生まれに限らず、満年齢の3歳、5歳、7歳でお祝いをすればいいのか、数え年の3歳、5歳、7歳でお祝いをすればいいのか、どちらが正しいのか分からないという方もいらっしゃると思います。

そこで、ここでは、いつ七五三をお祝いするのが正しいかについて紹介します。

七五三はいつするの?

七五三とは、子どもが3歳、5歳、7歳になった節目に、、子供の成長を神に感謝し、お祝いするために、地域の氏神様がいる神社にお参りする年中行事です。

昔は七五三でお参りするのは、数え年で、男の子が3歳と5歳、女の子が3歳と7歳になった年の11月15日と決まっていました。

しかし、今では男の子が満年齢の3歳と5歳、女の子が満年齢の3歳と7歳になり、日にちも10月の中旬から11月の下旬くらいに、七五三のお参りをする家庭も増えていますね。

神社は11月になると、七五三のお参りをする家族で混み合うので、子どもへの負担やスケジュールを考えると、時期をずらすという選択もアリですね。

特に3歳の子供は、まだ幼いので、無理のないスケジュールを立てることが大切です。

早生まれの子供の七五三はいつするの?

1月から3月に生まれた早生まれの子供は、今年と来年のどちらにすればいいのでしょうか。

実際の所は、家庭や地域によって異なるので、今年でも来年でもどちらでも構わないというのが答えです。

親戚に何らかのこだわりがあるなど、特別な事情がある場合を除き、特にこだわりがないという場合は、子供の成長祝う行事なので、子供の性格や体格に合わせるのがいいですね。

7歳の七五三の場合は、同級生と同じ歳ということで、6歳にしてあげた方が子供は喜ぶでしょう。

ただし、 3歳の場合は、数え年では2歳半くらいで、まだ幼いので、着付けに長い時間をかけることは、子供にとってかなりの負担になるはずです。

まだ七五三の意味がわからないので、お参りや写真撮影などでぐずってしまったり、駄々をこねることもあるでしょう。

そう考えると、翌年に行うか、 3歳では行わないというのも1つの手です。

まとめ

早生まれの3歳の七五三は、何かと心配なことが多いですね。

満年齢と数え年の違いは、だいたいご理解いただけましたでしょうか。

数え年でするとまだ幼いので心配ですが、満年齢と数え年のどちらを選択されたとしても、余裕を持ってスケジュールを立てておけば大丈夫です。

ご家族の方にも協力してもらいながら、素晴らしい1日にして下さいね。