ここでは下町ロケット2期の主なロケ地を紹介しています。

東京都大田区

佃製作所のロケ地は大田区矢口の桂川精螺製作所です。

2015年に放送された下町ロケット1期でも、佃製作所のロケ地は、この桂川精螺製作所でしたが、現在では建て替えられて新本社になっています。

 

桂川精螺製作所の住所:

茨城県つくば市

佃製作所の工場のロケがつくば市のクボタ筑波工場で行われています。

佃製作所の事務所のロケは大田区の桂川精螺製作所で行われていますが、そこでは工場のロケ地が確保できなかったために、クボタ筑波工場で工場のロケが行われているようです。

毎回30人以上のエキストラが集まってロケが行われているそうですね。

また、番組中にトラクターの操縦をしていた出演者は、ここで操縦のトレーニングをしていたそうです。

また、帝国重工は精密機器メーカーのフジキンという会社で撮影されています。

 

クボタ筑波工場の住所:茨城県つくばみらい市坂野新田10

新潟県燕市

燕市は新潟県の日本海側のほぼ中央に位置し、新潟市と長岡市の間にある人口約8万人の地方都市です。

金属洋食器の産地として知られており、現在でも、スプーンやナイフなど、金属洋食器の国内生産シェアが90%以上を占めています。

江戸時代から400年に渡り、金属加工産業を生業としてきました。

鍋、フライパン、包丁などの金属ハウスウェアは全国生産額の約90%を占めている世界でも有数の金属加工の生産地です。

下町ロケットでは、燕市は佃製作所の経理部長・殿村(対川談春)の実家という設定になっています。

燕市の協力もあり、順調に撮影が進んだようですね。

 

埼玉県深谷市

深谷市は埼玉県北西部に位置し、東京都心から70kmに位置し、人口約14万人が暮らしています。

肥沃な土壌に恵まれ、深谷ねぎなどの農畜産物の生産が盛んです。

また、花の栽培や造園業も盛んで、ユリは全国1位、チューリップは全国2位の生産量を誇っています。

深谷市内の潰れたスーパーの中に佃製作所の内部セットがあるようです。

 

埼玉県行田市

埼玉県北部に位置する人口約8万人の市で、足袋蔵のまちとして日本遺産に認定されています。

「のぼうの城」や「陸王」のロケ地にもなり、大きな経済効果がありました。

行田市の撮影場所は陸王と同じイサミコーポレーションでした。

伊丹大(尾上菊之助)が社長、島津裕(イモトアヤコ)が副社長を務めるギアゴーストの内部セットになっています。

 

埼玉県北本市

北本市は、埼玉県の東部中央にある人口約6万6千人の市です。

主演の阿部寛さん、従業員役の竹内涼真さん、娘役の土屋太鳳さんが埼玉県北本市の市役所で撮影していたそうです。

また、原作者の池井戸潤さんも来ていたようですね。

 

北本市役所の住所:埼玉県北本市本町1丁目111