八重桜の開花時期はいつ頃?

八重桜の開花時期は有名なソメイヨシノよりも少し遅めです。

ソメイヨシノよりも2週間くらい遅く、4月中旬から5月上旬までです。

また、ソメイヨシノよりも開花している期間が長いという特徴があります。

日本の桜の約80%はソメイヨシノと言われていますが、実はその他にもたくさんの種類の桜があります。

八重桜というのは、特定の品種の名前ではなく、八重咲きになる桜の総称です。

つまり桜の咲き方によってつけられた名前です。

人里に咲くことが多いことから、里桜と呼ばれることもあります。

また、ボタンのように咲いているように見えることから牡丹桜と呼ばれることもあります。

ソメイヨシノは葉が出てくる前に花が散るのですが、ほとんどの八重桜は葉が出てから開花します。

花は他の桜よりも花びらの数が多く、やや大きめで丸い形をしています。

八重桜の種類は?

八重桜には多くの品種がありますが、ここではその中でも日本で多く見られる4つの品種を紹介します。

関山(カンザン)

4月中旬から5月上旬に咲いています。

寒さや病害虫に強い品種で、よく公園などに植えられています。

関東で最もよく目にする八重桜です。

普賢象 (フゲンゾウ)

サトザクラの園芸品種です。

淡紅色の八重の大きな花をつけます。

普賢菩薩の乗った象の鼻に見たててそう呼ばれています。

一葉(イチヨウ)

サトザクラの園芸品種です。

花の中心から葉化しためしべが1本伸びていることで名付けられました。

八重紅枝垂(ヤエベニシダレ)

花は小さく、八重咲きで淡紅色をしています。

花の色が濃く、その名の通り花形が八重咲きの美しい枝垂れした桜です。

東京都内の八重桜の名所はどこ?

新宿御苑

新宿御苑で桜が満開なのは4月中旬~下旬です。

八重桜の下でお花見もできます。

土日祝日は家族連れで賑わうため、かなり混雑します。

弁当の持ち込みはできますが、アルコールは禁止されているので、入り口で簡単な手荷物検査があります。

新宿御苑の4月のみどころ八重桜はヤエベニシダレ、イチヨウ、ウコン、カンザン、ギョイコウ、フクロクジュ、フゲンゾウ、ケンロクエンキクザクラ、アラシヤマ、シラユキなどです。

動画:Discover Nippon

浜離宮恩賜庭園

八重桜が満開の時期には菜の花も楽しめます。

夜になるとライトアップされます。

周囲には近代的なビル群、海、東京タワーがあり、小高い丘も何箇所かあるので眺めも楽しめます。

水上バスの発着所があるので浜離宮を観光してから浅草方面へ移動する際は水上バスの利用ををお勧めします。

動画:AQUA Geo Graphic

上野恩賜公園(上野公園)

上野公園は江戸時代からの桜の名所で、公園一帯に1200本もの桜があります。

桜並木や不忍池の周辺が人気で、東照宮の周辺もお勧めです。

不忍池にはボート乗り場があり、ボートに乗って池の上からのお花見も人気です。

上野公園桜まつりは3月20日頃~4月10日頃に行われています。

桜まつりの期間中はライトアップが行われます。

動画:Discover Nippon