島根県浜田市産のどんちっちアジはの大トロとも言われています。

浜田市水産物ブランド化戦略会議は、どんちっちアジ、どんちっちノドグロ、どんちっちカレイをどんちっち三魚と名付け、 2004年から全国的にアピールしています。

どんちっち三魚(どんちっちさんぎょ)は、島根県浜田市産物ブランド化戦略会議事務局が名づけたブランド名のことです。

漁業を主要産業としていた浜田市の漁獲高が激減したことがきっかけで、どんちっち三魚が誕生しました。

平成2年には約19万8,000トンの漁獲だかでしたが、それまで大量に獲れていたイワシがほとんど獲れなくなり、平成13年には約3万8,000トンまで激減したことで、浜田市は大きな打撃を受けました。

浜田市の漁獲高は、 2001年になると平成2年のピーク時の約6分の1にまで減少しました。

それに危機感を感じた浜田市や、はまだ漁業組合などが、その対策として、浜田市水産物ブランド化戦略会議を設立し、どんちっち三魚のブランド化を推進してきました。

どんちっちとは

どんちっちとは、地元の石見神楽という伝統芸能の囃子(はやし)を表す幼児言葉のことです。

このどんちっちという名は、浜田市のブランド魚名として、一般公募によって選ばれたそうです。

高級魚のノドグロは、石見銀山の世界遺産登録によって注目され、人気となり、玉造温泉などの観光客に優先的に供給されるようになったため、大きいサイズのノドグロは、地元ではなかなか手に入らなくなったという噂もあります。

どんちっち三魚の種類

どんちっちアジ

どんちっちアジとは島根県西部の沖で取れるマアジのことです。
山陰沖で獲れるアジは日本海に生息しているプランクトンの影響により、初夏の脂の乗りが他の地域のアジより約2~3倍も高いそうです。

どんちっちノドグロ

どんちっちノドグロとは島根県沖から山口県沖にかけて獲れるアカムツのことです。
口腔が黒いので、ノドグロとも呼ばれています。
ちなみに、のどぐろは浜田市の魚に指定されています。

どんちっちカレイ

どんちっちカレイとは島根県沖で獲れるカレイのことです。
以前は、カレイは浜田市の魚に指定されていました。
浜田市で獲れるカレイを使った「どんちっち鰈入カレー」が発売されました。

どんちっちアジの特徴とは

どんちっちアジは、島根県浜田市の沖で4月ごろから9月ごろまでの間に水揚げされたアジの中で、サイズが50 g 、平均脂質が10%以上のマアジのことを指しています。

平均脂質は、ひと網ごとにどんちっちアジを何匹が抽出し、専用のセンサーを使って計っているそうです。

通常は9月まで獲れるのですが、年によっては9月になる前に、どんちっちアジとして認定できるアジが取れなくなってしまいます。

また、島根県のご当地ゆるキャラは「しまねっこ」ですが、そのしまねっこの好物がどんちっちアジなのだそうです。

どんちっちアジは東京でも食べられるの?

東京の日本橋にある島根県のアンテナショップ「にほんばし島根館」には、どんちっちアジの干物が売られているそうです。

地元の関係者によると、大阪や東京の卸売業者に卸しているそうですが、どこのお店で食べられるかまでは特定できていないそうです。

どんちっちアジは通販で買えるの?

島根県西部沖で取れるマアジは、旬の時期にはトロに匹敵するといわれるほど脂ののりが良いです。

中でも、 4月から8月ごろに収穫された中で、重さ50 g以上、平均脂質10%以上の者だけがどんちっちアジというブランド品として取り扱われます。

徹底した厳しいブランドの基準をクリアしたどんちっちアジは、味とは思えないほどの美味しさです。

ブランド名「どんちっち」は、全国に多数存在している加工業者の中から、製造技術や味付けなどが評価された37社だけが使用を許可されています。

そんな貴重などんちっちアジですが、

ネットで探してみたところ、楽天市場で販売されていました。

 

 

まとめ

どんちっちアジは、一般的なアジの約2倍くらいの値段で売られているようです。

とはいえ、アジは大衆魚で比較的安い値段の魚なので、値段が2倍するといっても、マグロやウニ、イクラよりも値段が高いわけではありません。

どんちっちアジは、東京や大阪のお店でも食べられます。

期間限定の脂がのった美味しいお魚なので、見つけたらすぐに買って食べましょう!