お盆の由来って何?

盂蘭盆の(うらぼん)の「うら」は、表裏の裏ではなく、逆さ吊りにされたような苦しみのことを意味しています。

この言葉は、インドの古語であるサンスクリット語のウランバナを音読した盂蘭盆会に由来しています。

お釈迦様の弟子の目連が地獄に落ちた母親を救い出すために、お釈迦様の教えに従い、旧暦の7月15日に供養をしたことがお盆の起源といわれています。

盂蘭盆会とは、死者を苦しみから救うために供養することです。

また、盆は霊に捧げるお供え物を盛る器でもあります。

それがお供え物を捧げる霊そのものに対する呼び名になって、霊をボンサマと呼ぶ地域もあります。

この2つが融合してお盆の行事が生まれたといわれています。

お正月は年神様をお迎えするのですが、お盆はご先祖様や亡くなった人々の精霊をお迎えします。

最近では、お盆休みに帰省したときに、お墓参りをする習慣がありますが、本来は家にお迎えするので、ご先祖様はお墓にはいらっしゃいません。

お盆の夕方にお墓に行ってから、精霊を背負う格好をして家まで戻り、「お帰りなんしょ」と言って、玄関で下ろす仕草をする地域もあります。

仏壇がある日本の家庭では、毎日、霊に感謝の気持ちを捧げる習慣があります。

お位牌を目で確認し、お線香を灯して鼻で香りを嗅ぎ、お経を口で唱えて手を合わせ、鈴(リン)を鳴らす音を耳で聞く。

これを毎日繰り返すことで、五感を研ぎ澄ましているのでしょう。

日本人独特の感性で、故人と会話し、心を癒やしているのかもしれません。

8月15日は終戦記念日でもあります。

戦没者を追悼するだけでなく、ご先祖様をお迎えし、送る日でもあるのです。

なぜ迎え火を焚いて精霊を迎え、送り火で送り出すの?

精霊を迎える8月13日には、軒先に吊した盆提灯に火を灯し、門前や庭先で麻幹(おがら)と呼ばれる皮をはいだ麻の茎を焚いて、精霊に戻る場所を伝えます。

この灯りを迎え火といいます。

8月16日の夜になると、京都盆地周辺の五山に鳥居や船、「妙」「法」「大」の字を形どった火が次々に点火されます。

これは全国的に有名な行事で、大文字焼きという呼び方で知られる京都五山送り火です。

送り火とは、お盆の最後の夜に火を焚いて帰り道を照らし、精霊をあの世へお送りすることです。

お盆の最後の日は地域によって違いがあり、送り火を15日に焚くところもあれば、16日に焚くところもあります。

精霊流し(しょうりょうながし)は送り火の1種で、もともとお供え物などを小舟に載せて精霊を川や海に送り出していました。

精霊流しはおごそかな印象がありますが、長崎ではかけ声や爆竹で、にぎやかに精霊を送り出します。

にぎやかであっても行事が終わるときには精霊と離ればなれになるので、残された人々は寂しさを感じることもあるでしょう、

お盆の時期に行われる花火大会も、もともとは送り火の行事の1種だったといわれています。

精霊馬というキュウリの馬と精霊牛というナスの牛にはどんな役目があるの?

精霊馬精霊牛は、精霊があの世とこの世の間を行き来するための乗り物です。

もともとは7月7日の収穫祭で神様にお供えしていた結果物が、お盆の精霊の乗り物に変化していきました。

作り方は、キュウリとナスに4本の麻幹(おがら)や割り箸、楊枝を指して足にします。

精霊がすぐ家に戻ってこられるように、キュウリは足の速い馬を表し、お盆が終わったらゆっくり帰れるように、ナスは足の遅い牛を表しています。

精霊は馬の背に乗り、牛はお供え物をのせてあの世に持ち帰るとする地域もあります。

精霊馬は、精霊棚(盆棚)に飾ります。

精霊棚は文字通り精霊を迎えるために備える棚で、12日か13日の朝に用意するのが一般的です。

台の上に真菰(まこも)という水辺に生えるイネ科の植物で作ったむしろ(盆ござ)を敷いて、そこに位牌などの仏具、季節の野菜や果物、お花、精霊馬、精霊牛、仏膳などを供えます。

昔はお盆が近づくと盆市が催されて、そこでお盆のお供え物をそろえていました。

現在ではお盆の季節になると、スーパーマーケットなどでコーナーが設けられ、精霊棚や精霊馬に使うキュウリ、精霊牛に使うナスもそろえられます。