ぬ重陽の節句の意味って何?

旧暦の9月9日を重陽の節句、または重陽の節供といいます。

重陽の節句は、私たちの暮らしとは少し縁が遠くなった伝統行事です。

重陽の節句の前に、まず五節句についてみていきましょう。

1年の節目になる日を節日(せちにち)といいます。

昔はその日に、朝廷で節会(せちえ)といわれる宴会が行われていました。

大半の行事は、中国から伝来したものが貴族の間で行われ、それが武士や町人に広まり、日本で古くから伝わっている風習と融合していました。

江戸時代に幕府が公式の祝日としたのが五節句です。

節句は節供とも書きますが、節日の供え物に由来しています。

1月7日 人日(じんじつ) 七草の節供
3月3日 上巳(じょうし) 桃の節句、雛祭り
5月5日 端午(たんご)  菖蒲の節句
7月7日 七夕(しちせき) たなばた、星祭り
9月9日 重陽(ちょうよう) 菊の節句

これは、もともと中国の考え方で、奇数を陽の数、偶数を陰の数といいます。

9は最大の陽数で、中国では天の数ということで神聖なものとされてきました。

9という陽数である奇数が重なるため、9月9日は重陽といわれており、めでたい日とされていました。

この始まりは、六朝時代の桓景という人物にまつわる故事に由来しています。

行事食はどんな食べ物なの?

旧暦の9月9日は現在の10月中旬であり、菊の花が山野を彩る時期にあたります。

中国では、菊は不老長寿の薬として栽培されていました。

荊楚歳時記(けいそさいじき)によると、中国では9月9日に強い臭気を出す山椒を身につけて高いところに登り、菊酒を飲むと、災いが避けられるということで、9月9日になると人々は茶菓や酒肴を持って、山に登り、紅葉を眺めて楽しみ、邪気を払ったといわれています。

もともと中国では、菊の花は不老長寿につながると信じられており、9月9日には主に杯に菊の花を浮かべた菊酒を飲むのが習わしになっていました。

これが飛鳥時代の天武天皇の頃に日本に伝来し、菊の被綿(きせわた)という菊花宴が宮廷の行事として開かれるようになりました。

そして、平安時代には貴族達が重陽節として月を眺めながら菊花酒を好んで飲み、正式な儀式になりました。

「紫式部日記」「枕草子」「源氏物語」には、9月8日の夜に真綿(まわた)を菊の花にかぶせて、翌朝に露で濡れた菊の香りがする真綿で、宮中の女官が肌を拭くと、若さや長寿を保つことができるという菊綿の習慣が記録されています。

月下の菊酒や菊の夜露が、若さや長寿を保つ効能となって現れる理由は、万葉集から読み解くことができます。

万葉集には「月夜見の持てるをち水」といういう記述がありますが、これは「ツクヨミの持っている若返りの水」という意味です。

ツクヨミとは、もちろん古事記に出てくる月の神で、アマテラス、スサノオとならぶ3大神のうちの1神です。

なぜ月の神が若返りの水を持っているという信仰が生まれたのかというと、月には太陽と違って、形も満ち欠けという変化があるからと想像できます。

1度欠けたはずの月が、また元の形に戻って満月になることから、この現象を月が若返ると解釈して、若返りの水が月にあると考えたのかもしれません。

あるいは、満月の月の陰影が水を汲む人の姿だと解釈する説もあります。

江戸時代になると、重陽の節句は「菊の節句」という五節供の1つとして、民間にも広まりました。

明治時代になると、この風習は薄れてきましたが、今でも、この日には、菊にちなんで、全国各地で菊の品評会が催されています。

長崎や唐津などで重陽の節句に行われる祭「くんち」は9日のことで、昔は9月9日に行われていました。

重陽の節句の儀式は、現在でも京都の上賀茂神社で続いています。