子供の成長を感謝する行事

毎年、 11月15日に七五三の行事が行われます。

それは、その年に3歳になった男の子と女の子、5歳になった男の子、7歳になった女の子の成長を祝うものです。

7歳、5歳、3歳の年齢の子供に晴れ着を着せて、両親に連れられて氏神様と呼ばれる地域の守り神を祀っている神社に行って、お祓いを受けます。

しかし、このような七五三の光景が東京などで見られるようになったのは、明治以降のことで、全国的に広がったのは、戦後になってからだといわれています。

かつては「 7歳までは神のうち」といわれるほど、 7歳までの死亡率が高かったために、7歳まで無事に生きてきた子供の成長を氏神に見せて感謝する意味もあったようです。

現在では、女の子は3歳のときと7歳のときに七五三を祝い、男の子は5歳のときだけ七五三を祝うことが多くなっています。

1度しか七五三を祝ってもらえない男の子が損をしているように思えるため、地方によっては男女や年齢による区別をせずに、七五三を祝う地域もあります。

昔は、誕生日や正月の吉日などに行われることもありましたが、江戸時代になって、徳川綱吉の子供の徳松君の祝いを天和元年11月15日に行って以降、この日になったといわれています。

また、11月15日は宣命暦では二十八宿の鬼宿にあたり、全てにおいて大吉で、祝い事にはこれ以上ない日だったからという説など、いくつかの説があります。

正式な作法では、七五三のときに男の子は紋付袴、女の子は振袖の晴れ着を着ることになっています。

しかし、現在では洋装で七五三を祝う子供も多くなっています。

また、氏神様への参拝を省略し、 11月15日ごろに着飾った子どもの写真を撮るだけで済ませる家庭もあります。

子供の成長の節目を祝うための行事

七五三は、江戸時代に盛んに行われるようになりました。

その頃の武家社会では、男女とも子どもが3歳になったときに、おかっぱ髪から結髪をする「髪置の祝」を行っていました。

3歳の髪置は、「ぐし置き」「髪立て」とも呼ばれるもので、男女共に行われ、この祝いなどで子供は今まで剃っていた頭髪を伸ばし始めました。

3歳になった男女に綿帽子をかぶせて櫛でとく真似をしたり、白髪のかつらを被せたりして長寿を願いました。

髪置の前の子供は、頭を洗いやすくするために、男女とも坊主頭にされていました。

この坊主頭から、子どものことを「坊っちゃん」とか「お坊ちゃん」という言葉が作られました。

男の子は、5歳のときに袴着(はかまぎ)と帯解きのお祝いをします。

5歳で行う袴着は、将来立派な成長を遂げるようにという願いを込め、子供を吉方(きっぽう)に向かわせ、袴を左足から着せて碁盤に乗せ、子供が元気よく飛び降りることで、成長を祝福する「袴着の祝」という行事です。

男の子はこの後、小さな子供のための付け帯と呼ばれる紐に変えて、大人と同じ正式な結び方をする帯を着用するようになります。

女の子は、7歳で帯解きの祝いをします。

それまで帯の変わりにつけていた紐を外し、初めて正式に帯を結ぶ「帯解(おびとき)」「帯直しの祝」という行事を行いました。

髪もしっかりと結び、簪(かんざし)を挿し、ふところには筥迫(はこせこ)をはさみます。

この行事の後で、正式な結び方をする帯を着用します。

17世紀初め、江戸の町が開かれてまもなくした頃に、そこに住む武士たちが11月15日に、髪置、袴着、帯解きの祝いを行い、子供を連れて氏神様に参拝するようになりました。

これが七五三の原型といわれています。

七五三に欠かせない細長い千歳飴は、11月15日に浅草寺境内で売られていたものが、全国に広まったものです。

飴が細長いことで、子どもに長寿をもたらす縁起物とされました。

江戸時代には、 7歳までに亡くなる子供が多かったので、大病にかかりやすい幼い時期を無事に乗り切った子供の健康を祝い、長寿を願う親の気持ちが、七五三の行事を発展させていくことになったのです。

七五三の背景にある七つ子祝いとは

幼児は7歳までは神様の庇護の下にあるので、何をしてもバチは当たらないと考えられていました。

そのかわり、いつ事故や病気で死ぬかもしれない存在なので、大人のような儀式は必要ないと考えられてもいました。

7つの祝いをすることで、神様の庇護の下にある幼児から、神様を祭る側になるとされていました。

千葉県九十九里浜の七五三のお祝いでは、その日に母親がおしるこをたくさん作り、近所や親戚のたくさんの人で、その子を囲んでおしるこを食べたといいます。

7歳の少女は、母親が作ってくれたおしるこを食べながら、成長を認識していたのです。