衣替えの意味と由来

日本は四季の移ろいが世界中でも特にはっきりしていて、気候や寒暖が激しく変化します。

そのため、やはり1年中ずっと同じような衣服を身につけているというわけにはいきません。

当然、季節によって変える必要があります。

それがはっきり表れるのが6月1日と10月1日でしょう。

この日から、学校や会社の制服が冬服から夏服に、夏服から冬服に、がらっと変わります。

四季のうつろいの鮮やかさと、現代的な制服姿から、近年になって衣替えが取り入れられたものと思われているかもしれません。

しかし、実はこの行事は、平安時代から続いているのです。

毎年6月1日になると、学校や会社の制服が冬服から夏服に替わります。

これは日本人の普段着が和服だった頃に、6月1日になったら裏地のある袷(あわせ)から、裏地のない単衣(ひとえ)に替えた風習が現代に残ったっものです。

衣替えは更衣と呼ぶこともあります。

更衣は平安時代に宮中で4月と10月の朔日に行われていました。

朔日とは1日のことです。

中でも4月朔日の更衣を綿貫(わたぬき)と呼んでいました。

これは綿入りの衣服から綿を抜いたことに由来しているとされています。

もちろん更衣は暑さ寒さ対策に対応することが目的ですが、季節の境目には厄がたまると信じられており、これを衣類と一緒に祓う習慣があったようです。

つまり、当時は衣替えが神事だったのです。

鎌倉時代に入ると、服だけでなく扇などのような周りの調度品も季節に応じて変えるようになりました。

その後、衣替えは民間にも広がりました。

しかし、江戸時代には、4月に単衣に着替えるのは寒くて気候に合わないため、江戸幕府が、武家は4月1日から5月4日までと9月1日から9月8日までは袷を着るように決めました。

そして、5月5日から8月31日までは裏地のない帷子(かたびら)、9月9日から3月31日までは防寒用の綿入れを着るようにしました。

こうして、武家は1年に4回の衣替えをするように決め、民間でもそれに合わせて衣替えをするようになりました。

武家の1年に4回の衣替えを江戸幕府がルールとして決めたのは、人々の消費意欲を煽り、経済活動を活発化させようとする意図があったようにも感じられます。

季節ごとにたくさんのイベントを作り出して、商売につなげる現代の手法とあまり変わらないのかもしれません。

衣替えの6月にはお祓いも

春から夏の衣替えが行われる6月は、梅雨の時期ということで鬱陶しい天候が続くこともあり、1年のうちでも穢れ(けがれ)が積もりやすいといわれています。

また、この時期は水害や猛暑の危険もはらんでいます。

そこで行われたのが夏越の祓(なごしのはらえ)という行事です。

これは日本で伝承されているお祓いの中でも、半年に1度の大祓です。

ちなみに冬に行われる大祓は年越しの祓と呼ばれています。

これが現代の大掃除につながっていきます。

夏越の祓では、人がくぐれるほどの大きな茅の輪(ちのわ)が設けられます。

茅と藁(わら)を編み込んだ大きな輪を8の字に3回くぐることで、半年間に溜まった災厄を洗い流すことができるといわれています。

この茅を無断で持ち帰ったりすると、痛い目に遭います。

輪をくぐった多数の人々の災厄が一斉に襲いかかってくるからです、

衣替えですら、厄や穢れ(けがれ)を抜きに語れないのが、日本の風習の特徴なのです。

現代の春と秋の衣替えの時期はいつから?

明治時代に和服から洋服を着るようになったことから、政府は6月1日を夏の衣替え、10月1日を冬の衣替えの日としました。

とはいえ、年によって気候が変わるため、現在では衣替えの時期が厳密に決まっているというわけではなく、一応の目安になっているのです。

動画:亀戸天神社_映像