5月5日の子供の日は端午の節句ともいいます。

端午の節句には鯉のぼりを飾ります。

最近では室内やベランダに飾ることが多くなっているようです。

しかし、なぜ端午の節句に鯉のぼりを飾るのでしょうか?

ここではそんな鯉のぼりを飾る意味と由来を詳しくお伝えします。

端午の節句とは

端午の節句は中国から入ってきたもので、厄払いの行事のことをいいます。

ではなぜ、厄払いの行事が子供の行事になっているのでしょうか?

中国では旧暦の5月に病気が流行し、亡くなる人が多かったので、同じ数字が連続する 5月5日は縁起の悪い日と思われていました。

そのため端午の節句には菖蒲をつけたお酒を飲んだり、菖蒲を門に刺したりして厄払いをしていたそうです。

日本では菖蒲の葉の先がとがっていて剣に見えることや、軍事・武道を大切にする武士という意味の「尚武」と同じ読みであることから、男の子が生まれたら飾り付けをして成長を祝う行事になったと言われています。

厄払いの菖蒲から、男の子の行事になったのです。

香りの強い薬草の菖蒲を薬草と一緒につるして厄払いをするようにもなりました。

5月5日がこどもの日になった理由とは

1948年に、5月5日が祝日として定められ、それまで端午の節句と言われていたものが子供の日と言われるようになりました。

もともと端午の節句は月の初めの牛(馬)の日を意味していました。

午(馬)は十二支では5月にあたるため、最初は5月の初めの午の日を節句として祝っていました。

そして端午の午が数字の5と同じ読み方ということから5日になりました。

こうして端午の節句が5月5日になったのです。

こどもの日に鯉のぼりを飾る意味と由来

端午の節句である5月5日は江戸時代では江戸城で将軍のお祝いをする日でした。

そのため、将軍に男の子が生まれると、 5月5日にお祝いをするようになりました。

その時に男の子の誕生を祝ってのぼりを立てるようになったのです。

将軍に男の子が生まれるとのぼりを立てることがまず武家の間で一般化します。

武家でも男の子が生まれるとのぼりを立てて祝っていました。

それが徐々に庶民にも広まっていき、庶民の中でも経済力のあるものが武家に負けじとのぼりを立て始めました。

庶民は中国で言い伝えられていた立身出世から鯉の滝のぼりを連想し、のぼりに鯉を描いて端午の節句を祝い出したのが鯉のぼりの始まりと言われています。

そこには鯉が滝に登って竜になり、天に登ったという言い伝えがあり、子供が出世して立派になってほしいという願いが込められているのです。

鯉のぼりはいつから飾るの?

鯉のぼりを飾る期間は4月上旬くらいからというのが多いのですが、実際には3月20日前後の春分の日を過ぎてから飾ってもいいという事になっています。

とは言え、いつからいつまでという正確な期間が決められているわけではありません。

しかし、鯉のぼりを飾る日や片付ける日は大安の日に行うことが多いようです。

5月5日は男の子の成長をお祝いする日なので、縁起のいい大安の日が1番いいですね。

鯉のぼりはいつまで飾るの?

鯉のぼりを片付けるのは、 5月5日の後すぐというのが一般的です。

ただし、地域によって異なることがあるので、お住まいの地域に合わせるのが無難です。

地域によっては、5月下旬まで飾っておくこともあれば、旧暦でお祝いをするために6月中旬まで飾っているところもあるようです。