11月といえば七五三の時期ですね。

昔は11月15日と決まっていましたが、

最近では、10月の中旬から11月の下旬くらいに、七五三のお参りをする家庭も増えていますね。

男の子の七五三は何歳にするべきなのか。

ここでは、そんな疑問を解決してみたいと思います。

男の子の七五三はいつするのが正しいの?

男の子の七五三は、5歳だけするという説があったり、 3歳と5歳にするという説もありますね。

いったいどちらが正しいのでしょうか?

もともと七五三は、節目ごとに子供の成長を祝い、それを神に報告し、感謝する行事でした。

昔の子供は幼少期に亡くなることが多かったためです。

3歳には、髪を剃るのをやめて、のばし始める髪置きの儀式が男の子と女の子、どちらにも行われました。

5歳には、大人の正装を模し、袴を着用し始める袴儀の儀式が男の子だけに行われていました。

7歳には、着物の付けひもをやめて、帯を初めてしめる帯解きの儀式が女の子だけに行われていました。

七五三にはこんな意味があったのですね。

ということは、七五三は、男の子なら3歳と5歳に行う行事ということが言えますね。

とはいえ、七五三に限らず、年中行事は地域によって全然違う場合があります。

まるで方言のように、長い年月をかけて地方に広まっていくうちに、変化していったのかもしれません。

現在では5歳だけ行う地域が多くなっているようです。

3歳と5歳では2年しか違わないので、 1回で十分と考えたからかもしれません。

あるいは、3歳にお参りしたとしても、大人になったらどうせ忘れるので、5歳だけにすればいいと考えたからかもしれません。

まずは実家や親戚、お住まいの地域の習慣を確認してみましょう。

身内の誰かがこのような年中行事にこだわりを持っていたら、「なんで3歳に七五三のお参りをしなかったの! 」と言われたりして、余計な揉め事に発展するかもしれません。

そんなことになると、いろいろと面倒ですからね。

それでも、よくわからないという場合は、参拝する予定の神社に問い合わせてみるという方法もあります。

神社によっては、年齢に制限がある神社もあります。

3歳の男の子も七五三にお参りしてもいいの?

結局のところ、男の子の七五三の年齢はかなり曖昧な感じですね。

とはいえ、神様に子供の成長を報告する行事なので、 3歳でしてはいけないということはありません。

もともと3歳の行事は、男の子も女の子も行っていたので、特別な事情がなければ、男の子が3歳でお祝いしても全く問題ありません。

ただし、3歳で七五三をする場合は、子供の成長に配慮する必要はありますね。

例えば、慣れない着物を着て動きづらくなったり、長時間の外出を嫌がったりして、ぐずってしまうことも考えられます。

3歳の子供は成長の度合いに個人差があります。

満年齢と数え年というわずかな期間の違いでも、大きな差が出ることがあります。

お子さんの状態をよく考えてから決めましょう。

3歳のお子さんは、着物や時間について、なるべく負担を少なくするというのもありですね。

反抗期に入っている3歳の子供を連れて、1日に着付けやお参り、写真撮影、食事会などを詰め込んで過密スケジュールにすると、親は子供の世話で疲れ、子供は動き疲れます。

結局、みんなが疲れきってしまい、その一日が終わってしまいます。

当日は余裕を持って、無理のないスケジュールを立てておきましょう。

まとめ

七五三は子供がこれまで無事に成長したことを祝い、神様に感謝し、報告する大切な行事です。

年中行事にはしきたりも大切ですが、まずは子供を祝う気持ちを最優先に考えて行動してみてはいかがでしょうか。