端午の節句の意味と由来は?

端午の節句は5月5日に行われる行事です。

現在では5月5日はこどもの日として親しまれています。

その日は、男の子の成長を祝う日として、こいのぼりを立てたり、五月人形や兜を飾ったり、菖蒲湯(しょうぶゆ)に入ったりします。

この行事は中国で始まったものですが、中国では5月5日に蓬(よもぎ)や菖蒲(しょうぶ)を門に吊るしたり、野外に入れて薬草を摘んだり、菖蒲酒を飲んだりして、病気・災害などの邪気を払っていました。

この行事が日本に伝わって、日本の風習と結びつき、端午の節句になりました。

端午の端は初を意味しており、元々は月初の午の日を指していましたが、午が五に通じていたり、五が2つ重なることから、 5月5日を「重午」や「重五」などと呼んで、この日に祭りをするようになったと言われています。

日本ではもともと端午の節句は女の子のお祭りでした。

5月5日はそろそろ田植えが始まろうかという時期です。

山や田の神として知られる神が里に降りてくるその月は、いつしかサ神月=皐月、5月と呼ばれるようになりました。

田植えが始まる前には、選ばれた若い女性たちが五月忌みをしていました。

彼女たちは「サ乙女」=早乙女と呼ばれていました。

五月忌みとは、豊穣を願い、田の神のために神社や仮小屋などにこもって邪気を払い、清めることです。

そのために邪気を払うと信じられていた菖蒲や蓬(よもぎ)を摘み、軒下に吊るしたり、菖蒲を浮かべた湯で湯あみをしていたと言われています。

つまり、 5月5日は他の神に対する女性の厄払いをする日だったのです。

五月忌みは、流行り病を表す言葉でもあります。

旧暦の5月5日頃は、現在の梅雨の時期にあたります。

気温も湿度も上昇し、衛生状態が悪化し、食中毒や伝染病などが、現代よりも深刻に広範囲に広まったことでしょう。

そのため五月忌みは感染を避けるための魔除けの意味もあったのです。

現在でも盛んに行われている端午の節句の夜に入る菖蒲湯も、鋭い剣を連想させる葉の形と独特の香りが邪気を払って気分を爽やかにし、病気を予防したり、抵抗力をつけたり、夏バテを防ぐなどの意味合いがあったようです。

武家社会に入り、女児よりも男児に重きが置かれる世の中になっていきました。

そして、平安時代になって端午の節句も男の子の祭りに変わっていきました。

兜・武者人形・鯉のぼりを飾る意味とは

平安時代には、宮中で馬の上から矢を射たり、競馬などの行事を行うようになっていました。

その際に、端午の節句で使われている菖蒲(しょうぶ)が、武道・武勇を重んじる尚武や勝ち負けの勝負に通じることから、男の子が菖蒲を頭や体につけたり、菖蒲で作った兜で遊ぶようになりました。

こうして、女の子のお祭りであった五月忌みは、武家社会に引き継がれ、男の子を祝う行事に変わっていったのです。

さらに、江戸時代には、五節供の1つである端午の節供に定められ、魔除けとされていた蓬(よもぎ)で作った人形は武者人形となり、家の中で飾られるようになりました。

また、龍門を登って鯉が龍になったという中国の故事にあやかって、子供の出世を願い、鯉のぼりを立てるようになりました。

鯉のぼりは荒々しい戦国時代にはためいた軍旗がもとになっていると言われています。

江戸時代の浮世絵「名所江戸百景」(歌川広重)によると当初は真鯉が1匹で泳いでいました。

現代の鯉のぼりは、上から吹き流し、真鯉、緋鯉、子鯉と並びますが、そのような仕様になったのは昭和に入ってからです。

端午の節句には家に兜を飾る習慣も残っていますが、これもやはり武士の戦国時代に由来しています。

たくましい男の子に育って欲しいという親心を反映しているとも言われています。

こうして、 5月5日は完全に男の子の節句になったのです。

鯉や吹き流しは邪気を払い、子供の成長を祝うだけでなく、一家の開運のためのアイテムになりました。

子供が初めて5月5日を迎える初節句では、親戚や里方が鯉のぼりや武者人形を贈って祝います。

そのお返しとして粽(ちまき)や柏餅をつくりました。

端午の節句をお祝いする料理

端午の節句に粽(ちまき)を食べる習慣は中国の伝説に由来しています。

古代の中国・楚の詩人であった屈原が、5月5日に川に飛び込んで亡くなった事を人々が悲しんで、毎年命日になると竹筒に米を入れて投げ入れていました。

そして、ある年、屈原の霊が現れて、「米を龍に取られるので、竹筒ではなく、龍(邪悪)が嫌う茅(ちがや)の葉で米を包み、糸で結んでほしい」という話が伝わりました。

茅(ちがや)の葉とは粽(ちまき)を包んだ葉で、現在では笹の葉で代用されることが多くなっています。

こうして端午の節句に粽(ちまき)が食べられるようになったと言われています。

また、柏餅は、柏が新しい葉が生えないと古い葉が落ちてこないため、跡継ぎが絶えない、子孫繁栄の願いが込められているとも言われています。