お彼岸には春のお彼岸と秋のお彼岸があります。

春のお彼岸は春分の日を中日とし、その前後3日間を含めた7日間で、毎年3月中旬ごろです。

秋のお彼岸は秋分の日を中日とし、その前後3日間を含めた7日間で、毎年9月中旬頃です。

お彼岸の時期は太陽が真西に沈むので、西にある浄土が最も近いと感じられる時期です。

そのため、10日に夕日を拝むと功徳があると考えられています。

日本で最初にお彼岸法要が行われたのは聖徳太子の頃、今から約1200年前で、全国にあった国分寺の僧侶が春と秋に中日を挟んで前後3日間を含む7日間に仏を讃え、お経をあげたと言われています。

そこから次第に一般人にもお彼岸の法要で供養することが広まっていきました。

こうして、お墓参りなどをして先祖を供養するようになりました。

このお彼岸法要(彼岸会)という行事には、主にお寺が運営している墓地にお墓を持っている人やお寺の檀家になっている人が参加します。

お彼岸法要は、お寺の本堂で行われることが多いです。

お寺にある墓地でお墓参りをする場合は、お墓に向かう前に本堂でお参りを済ませます。

お寺ではなく霊園がお彼岸法要を主催している場合は、霊園内の法要会館などで行われます。

亡くなってから初めてのお彼岸の時は、お寺の住職が檀家の自宅に行って個別にお彼岸法要をしてくれることがあります。

その際の服装は、喪服でなくてもいいですが、派手な色は避けて落ち着いた色の服装にするのが良いでしょう。

僧侶に法要をしてもらう場合は、気持ちとしてお布施を渡します。

また1周忌や3回忌などの年忌に当たっている年でも、個別にお彼岸法要をしてもらいたければ、住職に相談することもできます。

ただし、お彼岸の時期は、住職にとっても多くの家を回らなければならない多忙な時期なので、早めに希望日や時間帯について打ち合わせをしておきましょう。

お墓参りをする際には、数珠や掃除道具などを準備しておけば、気持ちよくお墓参りをすることができます。

お墓では墓石をきれいに洗い、お墓の周囲を掃除して花や線香を手向け、お菓子などをお供えして、真心の合掌を捧げます。

お彼岸のお供えとして一般的なものが、ぼたもちとおはぎです。

春のお彼岸のお供えとして代表的なものがぼたもちで、秋のお彼岸のお供え物として代表的なものがおはぎです。

合掌礼拝の前には、水桶から水をすくって墓石の上にかけます。

お墓参りが終わったら、必ずお供えものは持ち帰りましょう。

お寺のお彼岸法要は、お寺か自宅でお経を読み、次にお墓参りをして、会食をした後、解散します。

開始は10時過ぎになることが多く、10時30分頃や11時頃に始まります。